鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

ケーブルカーの車両デザインを変更、京阪

2019年5月14日(火)14時19分

ケーブルカー新デザイン(イメージ)
ケーブルカー新デザイン(イメージ)

京阪電気鉄道は14日、鋼索線(男山ケーブル)のリニューアル工事にあわせ、車両デザインを一新すると発表した。

新しいデザインのコンセプトは、「陽(赤)の遣い」と「月(黄)の遣い」。片方が昇ると片方が下るケーブルカーを太陽と月に見立て、太陽や月の光、石清水八幡宮の社殿の朱と金、京阪特急伝統色の組み合わせをモチーフとした。車両愛称は、陽(赤)が「あかね」、月(黄)が「こがね」。

外観デザインは、メタリックフィルムのラッピングで光の情緒感や神聖さを表現。男山の神秘感と歴史の積層、車両の上昇感をイメージした霞模様を側面に配置した。車内は、赤と黄の色相をモチーフに、扉や座席の色を左右で切り換えるデザイン。外装と内装で一貫性のある世界観を表現する。また、石清水八幡宮を象徴する「阿吽の鳩」や「流れ左三つ巴」をモチーフとしたブランドシンボルマークも制定する。

また、鋼索線の通称や駅名も変更する。変更後の通称は「石清水八幡宮参道ケーブル」で、略称は参道ケーブル。駅名は、八幡市駅が「ケーブル八幡宮口(はちまんぐうぐち)」駅、男山山上駅が「ケーブル八幡宮山上(はちまんぐうさんじょう)」駅となる。

リニューアル工事では、車両デザインの変更に加え、駅舎ファサードの美装化、各種機器類の更新なども実施する。車両デザインの変更は、2019年6月19日に実施。通称と駅名の変更は、10月1日に実施する。なお、車両デザインの変更については、一部箇所は10月1日に実施するとしている。

2019年5月30日(木)14時29分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

2027年に500系引退

2027年をめどに運用終了すると発表。N700系の8両短縮編成で置き換えへ。

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。