ケーブルカーの車両デザインを変更、京阪

2019年5月14日(火)14時19分

ケーブルカー新デザイン(イメージ)
ケーブルカー新デザイン(イメージ)

京阪電気鉄道は14日、鋼索線(男山ケーブル)のリニューアル工事にあわせ、車両デザインを一新すると発表した。

新しいデザインのコンセプトは、「陽(赤)の遣い」と「月(黄)の遣い」。片方が昇ると片方が下るケーブルカーを太陽と月に見立て、太陽や月の光、石清水八幡宮の社殿の朱と金、京阪特急伝統色の組み合わせをモチーフとした。車両愛称は、陽(赤)が「あかね」、月(黄)が「こがね」。

外観デザインは、メタリックフィルムのラッピングで光の情緒感や神聖さを表現。男山の神秘感と歴史の積層、車両の上昇感をイメージした霞模様を側面に配置した。車内は、赤と黄の色相をモチーフに、扉や座席の色を左右で切り換えるデザイン。外装と内装で一貫性のある世界観を表現する。また、石清水八幡宮を象徴する「阿吽の鳩」や「流れ左三つ巴」をモチーフとしたブランドシンボルマークも制定する。

また、鋼索線の通称や駅名も変更する。変更後の通称は「石清水八幡宮参道ケーブル」で、略称は参道ケーブル。駅名は、八幡市駅が「ケーブル八幡宮口(はちまんぐうぐち)」駅、男山山上駅が「ケーブル八幡宮山上(はちまんぐうさんじょう)」駅となる。

リニューアル工事では、車両デザインの変更に加え、駅舎ファサードの美装化、各種機器類の更新なども実施する。車両デザインの変更は、2019年6月19日に実施。通称と駅名の変更は、10月1日に実施する。なお、車両デザインの変更については、一部箇所は10月1日に実施するとしている。

2019年5月30日(木)14時29分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全8件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全34件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「九州の路線」に一票を

鹿児島本線、久大本線、肥薩線、吉都線、篠栗線、平成筑豊鉄道、南阿蘇鉄道…

鉄道コムおすすめ情報

画像

鉄道の未来展

ジェイアール名古屋タカシマヤにて開催。N700Sの塗装前構体などを展示。

画像

メトロ17000系

有楽町・副都心線用の新型車両「17000系」が報道公開されました。新しい車両を要チェック!

画像

まもなく置き換え開始

まもなく本格置き換えが始まる、東京メトロの7000系。活躍を振り返ります。

画像

ニコン新型カメラで鉄道撮影

ニコンの新型ミラーレスカメラ「Z 5」。鉄道写真撮影の実力は?

画像

SL大樹「ふたら」

東武鉄道のSL列車が、10月から下今市~東武日光間でも運転。列車名は「SL大樹『ふたら』」。

画像

8月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番。夏の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: