2機目のSL導入に向けたDL増備など、東武が設備投資計画を発表

2019年4月27日(土)16時18分

復元を進める蒸気機関車「C111」
復元を進める蒸気機関車「C111」

東武鉄道は26日、2019年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。2機目のSL導入に向けた準備を進めるほか、東武アーバンパークライン運河~船橋間での急行運転開始時期などを盛り込んだ。

東武鉄道は設備投資計画において、日光・鬼怒川エリアのSL列車用として導入する2機目のSLに対応し、SLの補機となるディーゼル機関車を新たに導入すると発表した。2機目のSL、C111については、2020年冬の復元を目指して作業を進める。また、車両の増加に対応し、下今市SL機関庫の拡張などにも着手する。

また、2020年春には、東武アーバンパークラインの運河~船橋間で急行運転を開始することも盛り込んだ。これは、現在進められている六実~逆井間の複線化工事の完了時期にあわせたもの。同区間の複線化は、2019年度の完成を予定する。

このほか、車両面においては、2020年度の日比谷線直通列車での有料着席サービス導入に向け、70000系をベースとした70090型を4編成導入する。既存の70000系についても2編成を製造するほか、70000系によって捻出した20000系を20400型に5編成改造。日光線の南栗橋駅以北や、宇都宮線に投入する。セキュリティ向上を目的として、半蔵門線や日比谷線、有楽町線・副都心線直通車両への防犯カメラ設置も推進する。

施設関連においては、獨協大学前駅、中板橋駅、玉淀駅、新高徳駅の駅舎リニューアルに着手。新高徳駅は、昭和レトロ感のあるデザインとする。また、竹ノ塚駅付近や清水公園~梅郷間、とうきょうスカイツリー駅付近の高架化工事、ホームドアの設置、踏切の安全性向上などを推進する。

旅客サービス面においては、駅における多言語化の推進や、特急券専用券売機でのクレジットカード決済開始などに取り組む。

この設備投資計画の総額は、397億円。東武鉄道では今回の設備投資により、「安全・安心で暮らしやすく、選ばれる沿線」を目指すとしている。

2019年4月29日(祝)9時18分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全21件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全54件

鉄道コムおすすめ情報

画像

赤い電車が新宿に

箱根登山鉄道線全線再開を記念して、小田急電鉄の「赤い1000形」が、小田急線全線で運転。

画像

飯田橋駅新ホーム

工事が続いていたJR飯田橋駅。7月12日に新ホームと西口新駅舎が供用を始めました。変化した点などを紹介します。

画像

新幹線の「特大荷物」持ち込み

5月から「特大荷物」の持ち込みが事前予約制となった東海道新幹線。夏休みシーズン前に、ルールをおさらいしましょう。

画像

「etSETOra」10月デビュー

広島エリアを走る新たな観光列車「etSETOra」(エトセトラ)が、10月3日に営業運転を開始。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 川越線川越駅リニューアル竣工[2020年7月]
  • ロイヤルエクスプレス北海道運行[2020年8月~9月]
  • 新大久保駅改良工事竣工[2020年]
  • 横浜駅改札内新通路使用開始[2020年夏]
  • 瀬戸内エリア新観光列車導入[2020年10月3日(土)]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: