鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

地下鉄烏丸線に新型車両、京都市交通局が経営ビジョンを発表

2019年3月29日(金)12時10分

新型車両(イメージ)
新型車両(イメージ)

京都市交通局は29日、「京都市交通局市バス・地下鉄事業経営ビジョン」を策定したと発表した。

同局は経営ビジョンにおいて、2021年度より烏丸線に新型車両を導入することを盛り込んだ。烏丸線開業時に導入した車両が更新時期を迎えるため、「将来にわたって安心・快適に利用できる新型車両」への更新に向けた取り組みを進めるとしている。車両デザインは、市民や利用者からの投票により決定。外観は「前面の造形に曲面を多用した、より近未来的なイメージのデザイン」の案が、内装は「華やかで雅なカラーデザイン」案が採用された。今後は、2019年度に車両の設計に着手。2021年度に1本、2022年度と2023年度に各2本を導入し、2025年度までに9本を投入するとしている。

新型車両以外でも、各種施策を進める。地下鉄では、烏丸線の全駅に可動式ホーム柵の設置を目指す。烏丸線各駅のトイレやコンコース壁面のリニューアルや、駅・地下鉄車両の照明LED化、烏丸線各駅の行先案内表示更新も実施する。

市バスでは、混雑緩和に向けた取り組みとして、ラッシュ型車両や大型手荷物に対応した車両の導入、観光系統への「前乗り後降り方式」の導入などを進める。また、夜間の視認性向上などに寄与するフルカラーLED式の行先表示器も導入。2022年度までに、市バス全車両の行先表示器を従来方式のものから置き換える。

京都市交通局市バス・地下鉄事業経営ビジョンは、2019年度から2028年度までの10年計画。京都市交通局は経営ビジョン策定後、年度ごとに経営状況や事業進捗を確認するほか、経営ビジョンの中間時点である2023年度までに、社会情勢の変化や取り組みの進捗状況を踏まえ、見直しを図るとしている。

2019年3月29日(金)16時9分更新

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

定期運用を持つ最後の国鉄特急

四国と九州で活躍するキハ185系。国鉄型特急車では定期運用を持つ最後の形式となりました。

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ビューさざなみ・わかしお復活

定期運用を退いた255系による臨時特急。9月7日に東京~館山間、8日に東京~安房鴨川間で運転。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

381系ラストラン写真募集中!

いよいよ定期運用終了の381系。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。