鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

列車名はWEST EXPRESS 銀河、JR西が長距離列車の外観などを発表

2019年3月19日(火)14時56分

WEST EXPRESS 銀河(イメージ)
WEST EXPRESS 銀河(イメージ)

JR西日本は19日、新たな長距離列車の列車名やエクステリア、設備愛称名を決定したと発表した。

新たな長距離列車の列車名は、「WEST EXPRESS 銀河(ウエスト エクスプレス ぎんが)」。宇宙での星々の集まりを指す「銀河」を用い、西日本エリアを宇宙に、各地域を星になぞらえ、それらの地域を結ぶ列車という意味を込めた。

車両の外観は、西日本が誇る美しい海や空を表現する瑠璃紺(るりこん)色に塗装。側面には、長距離の旅をイメージさせるほか、「遠くへ行きたい」という憧れを叶える列車であることを表現する、長いラインを配する。「魅力的な地域とお客様を結ぶ列車」であることを表現したロゴマークも設定し、車両前面に掲出するヘッドマークや、車両側面に用いる。

車内には、グリーン車指定席やノビノビ座席などが設けられる。これらの名称は、1号車グリーン車指定席が「ファーストシート」、2号車と5号車のノビノビ座席が「クシェット」、3号車の普通車コンパートメントが「ファミリーキャビン」、6号車のグリーン個室が「プレミアルーム」と決定した。また、編成内のフリースペースにも名称を設定。3号車が「明星」、4号車が「遊星」、5号車が「彗星」となる。

WEST EXPRESS 銀河は、117系6両編成を改造して投入。2020年春に営業運転を開始するとしている。

2019年3月19日(火)14時56分更新

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道未来インデックス

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急ファミリーフェスタ

5月26日、久里浜工場にて開催。今年度は親子限定の事前申込制。

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。