新潟・庄内エリア向け観光列車を新造、JR東

2018年10月16日(火)16時23分

「海里」(外観イメージ)
「海里」(外観イメージ)

JR東日本新潟支社は16日、新潟・庄内エリア向けの観光列車を新造すると発表した。車両愛称は「海里」(KAIRI)。

新造する観光列車は、ディーゼルハイブリッド車両HB-E300系4両からなる1編成。新潟県や庄内地方における豊かな海や里をモチーフに、愛称を「海里」(KAIRI)とした。車両外観は、沿線風景の象徴でもある「夕日」と「新雪」を融合させたデザインとし、編成を通してグラデーションで表現。車内の仕様は、各車両で異なるものとし、1号車は2人がけのリクライニングシート、2号車は4人がけのコンパートメントシート、3号車は売店・イベントスペース、4号車はダイニング席をそれぞれメインにする。列車のコンセプトは、「新潟の食」、「庄内の食」、「日本海の景観」。車内で提供する食事は、同エリアの食の魅力を感じさせるものにするほか、イベントスペースでは、食と景観をテーマにした演出を行う。座席定員は86人。

「海里」の導入時期は、「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン」にあわせ、2019年10月を予定。新潟~酒田間で運転する。

2018年10月16日(火)16時23分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全8件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全24件

鉄道コムおすすめ情報

画像

明大前駅のこの遺構は?

かつて東京で構想されていた「第2の山手線」。その路線計画をたどります。

画像

春の臨時列車一覧

2019年春の臨時列車リリースが発表されました。一覧はこちら……

画像

ことこと列車ポスター

平成筑豊鉄道に今春登場する「ことこと列車」のポスターが販売。販売開始日は1月21日。

画像

東上線に川越特急

3月16日のダイヤ改正にあわせ、東武東上線に新種別「川越特急」が誕生。

画像

1月の鉄道イベント一覧

1月の計画をたてるなら、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

鉄道未来インデックス

  • 相鉄12000系営業運転開始[2019年春]
  • あいの風とやま鉄道一万三千尺物語運転開始[2019年春]
  • 南海9000系リニューアル車両完成[2019年春]
  • 西広島~白市間D-TAS導入[2019年春]
  • 伊豆急100系引退[2019年7月]
  • 新潟・庄内エリア向け観光列車導入[2019年10月]
  • 東海道新幹線浜松工場リニューアル竣工[2019年]

チェックイン

鉄道コムで過去に投稿したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: