JR東など、Suicaに地域独自機能を搭載できるICカードを開発へ

2018年9月25日(火)15時4分

JR東日本とソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(ソニー)、JR東日本メカトロニクスは25日、Suicaと各地域の交通系ICカードを1枚のカードにまとめられる2in1カード「地域連携ICカード」を共同で開発すると発表した。

地域連携ICカードは、バスの定期券や各種割引などの地域独自サービスと、Suicaで利用できる乗車機能や電子マネーなどのサービスを、1枚のカードで利用可能とするもの。地域交通事業者は地域連携ICカードの導入により、Suicaの既存インフラを活用できる。システム投資を抑えつつ、地方交通に必要なサービスを付与した交通系ICカードの導入が可能となる。

交通系ICカードは、2013年に全国10種類のカードにおいて相互利用サービスを開始。Suicaなどのカード1枚で公共利用交通機関を利用できるエリアが全国に広がっている。一方で、導入費用や運用面の課題により、交通系ICカードが導入されていない地域もある。そのためJR東日本など3社は、地域交通事業者による交通系ICカード導入促進のため、新たに地域連携ICカードを開発することとした。

地域連携ICカードの開発において、JR東日本は地域交通事業者による導入のサポートとSuicaの共通基盤化推進を担当。Suicaが採用するFelicaを開発したソニーは、Felica OSの機能拡張を担う。交通系ICカードの発行業務を担当するJR東日本メカトロニクスは、ICカードへの新機能の実装、試験、検証と、ICカード発行に関する設備開発を進める。

JR東日本、ソニー、JR東日本メカトロニクスは、今後も交通系ICカードによる旅客サービスの向上と、地域の活性化に積極的に取り組んでいくとしている。

2018年9月25日(火)15時4分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全65件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全1件

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「愛称つき列車」に一票を

はこだてライナー、アテルイ、ラビット、みすず、関空快速、ことぶき、なのはな…

鉄道コムおすすめ情報

画像

2000系さよならツアー

JR四国2000系のグリーン車、2000形に乗車できる、最後の機会。5月8日、9日、15日に開催。

画像

ロマンスカーで車庫めぐり

ロマンスカーによるミステリーツアーが、5月2日に開催。小田急線5か所の車両基地を「EXEα」で周遊。

画像

SL入区見学ツアー

秩父鉄道が、SL入区点検見学ツアーを開催。SL回送列車へ乗車し、広瀬川原車両基地へ入場。

画像

横浜市のデジタル1日券

横浜市交通局が、4月17日よりデジタル版1日乗車券を発売。非磁気タイプの1日乗車券は、5月31日で発売終了。

画像

ロマンスカーミュージアム

4月に開館予定の「ロマンスカーミュージアム」。その館内は?一足早く見学しました。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 日高本線鵡川~様似間廃止[2021年4月1日(木)]
  • アーバンライナー貨客混載事業開始[2021年夏]
  • 阿佐海岸鉄道DMV導入[2021年夏ごろ]
  • えきねっとリニューアル[2021年夏ごろ]
  • JR西日本ICOCAエリア普通回数乗車券発売終了[2021年9月30日(木)]
  • 川崎重工業鉄道車両製造事業分社化[2021年10月]
  • 新幹線E4系運転終了[2021年秋ごろ]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: