田園都市線向け新型車両を来春導入、東急

2017年3月21日(火)21時18分

2020系(外観イメージ)
2020系(外観イメージ)

東京急行電鉄は17日、田園都市線向けの新型車両2020系を導入すると発表した。

導入する2020系は、田園都市線向けの新型車両。10両編成3本を新造し、2018年春より順次導入する。外観は、コンセプトにあわせた色として、白を基調とした「INCUBATION WHITE」(美しい時代へ孵化していく色)を使用。先頭部は黒色を全面に使い、丸みを持たせた形状にする。内装は、沿線の風景をイメージしたカラーリングを採用。座席は背もたれを高くし、荷棚は荷物の積み下ろしがしやすい形状と高さに変える。液晶ディスプレイは、ドア上、連結部、座席上に配備。中間車では、1両あたり36台設けるとしている。車内設備としてはこのほか、車内防犯カメラや、同社初となる空気清浄機を設置。機器の状態監視を常に可能にする大容量情報管理装置の導入、車内の全照明、前照灯、尾灯のLED化なども行う。使用電力は、1975年導入の8500系と比較して半分に減らす。

田園都市線向けの新型車両の導入は、2002年の5000系以来。

2017年3月21日(火)21時18分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全25件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全56件

8月6日(日)開催

先着30組限定

鉄道コム親子イベント開催

人工知能でNゲージ鉄道模型を動かそう

電子工作とプログラミング、そして「AI」でNゲージを走行させる、ほかでは体験できない親子イベントを鉄道コムが主催。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きなライナーに一票を

湘南ライナー、ホームライナー、モーニングライナー、ホームウェイ、S-TRAIN…

鉄道未来インデックス

  • 東武アーバンパークライン清水公園~梅郷間高架化[2017年度]
  • 銚子電気鉄道レトロ電車導入[2017度末]
  • 山手線全駅ホームドア設置完了[2017年度]
  • スルッとKANSAI利用終了[2018年1月末]
  • JR北海道新型気動車量産先行車投入[2018年2月]
  • 都営浅草線5500形導入[2018年春]