田園都市線向け新型車両を来春導入、東急

2020系(外観イメージ)
2020系(外観イメージ)

東京急行電鉄は17日、田園都市線向けの新型車両2020系を導入すると発表した。

導入する2020系は、田園都市線向けの新型車両。10両編成3本を新造し、2018年春より順次導入する。外観は、コンセプトにあわせた色として、白を基調とした「INCUBATION WHITE」(美しい時代へ孵化していく色)を使用。先頭部は黒色を全面に使い、丸みを持たせた形状にする。内装は、沿線の風景をイメージしたカラーリングを採用。座席は背もたれを高くし、荷棚は荷物の積み下ろしがしやすい形状と高さに変える。液晶ディスプレイは、ドア上、連結部、座席上に配備。中間車では、1両あたり36台設けるとしている。車内設備としてはこのほか、車内防犯カメラや、同社初となる空気清浄機を設置。機器の状態監視を常に可能にする大容量情報管理装置の導入、車内の全照明、前照灯、尾灯のLED化なども行う。使用電力は、1975年導入の8500系と比較して半分に減らす。

田園都市線向けの新型車両の導入は、2002年の5000系以来。

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全54件

このニュースに関するツイート(新着順)

全23件



鉄道コムおすすめ情報

画像

好きなJRローカル線は?

小海線、播但線、飯田線、日南線、五能線、釧網本線、高山本線、山陰本線…

鉄道未来インデックス

一部を表示

  • 都営浅草線5500形導入(2018年春)
  • 小田急新型ロマンスカー70000形導入(2018年3月)
  • JR東海N700S確認試験車導入(2018年3月)
  • 東急2020系導入(2018年春)
  • 京王5000系導入(2018年春)

ニュース検索