鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

京都鉄道博物館 DEC741 展示

DEC741
DEC741

京都鉄道博物館は、同館の「車両のしくみ/車両工場」エリア(本館1階)にて、DEC741 総合検測気動車を展示。展示期間は、2022年12月22日(木)~26日(月)。展示にあわせ、22日より、ミュージアムショップにて特別展示関連グッズを販売。販売品目(価格)は、「JR西日本事業用車両 トレーディング アクリルマグネット」(11種類、各750円)、マグカップ(2種類、各1,800円)、ブランケット(3,850円)、B5ノート(350円)、A4クリアファイル(330円)。アクリルマグネットは、BOX購入も可能。また、20日(火)~2023年1月30日(月)16:30、電子チケット「アソビュー!」ウェブサイトにて、グッズつき入館券の販売もあり。販売数は500枚限定。

2022年12月1日(木)15時37分更新

関連記事:

グ:

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

ひとこと投稿

このイベントに関する情報や感想などを、「ひとこと」でみんなに伝えよう!

このイベントのあなたの「ひとこと」

ニックネームを登録すると、「ひとこと」の投稿フォームが表示されます。

みんなの「ひとこと」

  • うーん...見れるかなぁ× 

  • だれか、今京都鉄道博物館で車両工場のところになにが展示されてあるか知っている人いませんか?× 

  • これも見たい…× 

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。

ヘルプヘルプ


「おすすめに追加」ボタンは、このイベントのおすすめメンバーに加わるためのホダンです。各イベントのおすすめの登録人数は、ランキング結果に反映され、人気のイベントを知ることができます。

イベントの投稿写真は、イベント開催の3日前より投稿できます。当日の様子など、あなたが撮影されたイベントの写真をどうぞご投稿ください。