鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

旧型「やくも」車両引退で「国鉄特急色」の定期運用も消滅 最後に残ったのは意外な車両!?

2024年6月20日(木) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

1958年にデビューした20系→151系以来、多くの国鉄特急型電車・気動車では、クリーム色と赤色のツートンカラー、いわゆる「国鉄特急色」が施されていました。

全国各地で見られた国鉄特急色ですが、イメージアップなどを目的とした塗装変更や、車両自体の老朽化により、この塗装の車両は次第に減少。そして6月14日、「やくも」で運用されていた381系の国鉄色編成が引退したことで、国鉄特急色をまとった車両による定期列車は消滅しました。

「やくも」で活躍していた381系の国鉄特急色編成。2022年にリバイバル塗装として登場しましたが、6月14日に引退となりました(d51北海道さんの鉄道コム投稿写真)
「やくも」で活躍していた381系の国鉄特急色編成。2022年にリバイバル塗装として登場しましたが、6月14日に引退となりました(d51北海道さんの鉄道コム投稿写真)

国鉄特急色をまとった車両による定期列車は、実は2015年に一度消滅していました。さらに、2018年4月にJR東日本の189系が引退したことで、クリーム+赤の国鉄特急色が施された現役車両自体がなくなっていました。しかし、2022年3月、381系1本が国鉄特急色に復刻されたことで、約4年ぶりにこの塗装をまとった国鉄型車両が復活。この編成が、6月14日までの間、最後の定期運用を持つ国鉄特急色車両となっていました。381系自体は、今後も多客期に営業列車に投入されるようですが、国鉄色編成は6月で運用終了となっています。

なお、一般的に国鉄特急色というと、クリーム+赤のツートンカラーを指します。しかし、「国鉄が特急型車両に施した塗装パターン全て」と解釈すれば、JR東日本の185系電車、JR四国のキハ185系(復刻車両の2両のみ)も、国鉄特急色の車両とはいえそうです。ただし、185系電車に関しては、既に定期運用を持っていません。少なくとも、国鉄が制定した特急車両用カラーをまとう”電車”による定期列車は、いずれにせよ消滅しています。

そしてもう一つ、国鉄型車両ではありませんが、クリーム+赤の国鉄特急色をまとう車両が存在します。JR東日本の勝田車両センターに所属する、E653系K70編成です。臨時列車用として、2018年11月に新潟から勝田へ転属(営業運転開始は2019年2月)した同編成は、転属時に国鉄特急色に塗り替えられています。E653系K70編成は、国鉄型車両ではなく、定期運用も持たない車両ではありますが、今後も国鉄特急色をまとう現役唯一の車両として、活躍が続きます。

現役車両では唯一、クリーム+赤の「国鉄特急色」をまとう、E653系K70編成
現役車両では唯一、クリーム+赤の「国鉄特急色」をまとう、E653系K70編成

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

関連鉄道コらム

関連鉄道リポート

関連鉄道イベント情報

鉄道コムおすすめ情報

画像

2027年に500系引退

2027年をめどに運用終了すると発表。N700系の8両短縮編成で置き換えへ。

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。