鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

新幹線「600系」「900系」はなぜ存在しない? 実は600系に「なるはずだった」車両も

2024年5月19日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東海道・山陽・九州新幹線の歴代車両形式は、1964年の東海道新幹線開業時にデビューした0系にはじまり、100系、300系、500系、700系、800系、N700系、N700Sと続いています。抜けている形式のうち、200系は東北・上越新幹線用、400系は山形新幹線「つばさ」用として、それぞれJR東日本エリアで活躍した車両で使われていました。

とすると、新幹線の形式名で使われていないのは、600系と900系の2つ。このうち600系は、当初この形式名を名乗る予定だった車両が存在しました。

600系となるかもしれなかった車両は、1994年にデビューした、JR東日本のE1系。「Max」の愛称を持つ、新幹線初のオール2階建て車両です。開発発表時は600系とされていたのですが、実車登場までに現在知られる形式名に改められました。

「600系」になるかもしれなかった車両、JR東日本のE1系「Max」
「600系」になるかもしれなかった車両、JR東日本のE1系「Max」

形式名の「E」は、JR「東」日本=JR "E"astを示すもの。同社保有車両としては初めての新幹線新規開発車両(すでに運用中だった400系は第三セクター「山形ジェイアール直行特急保有」が保有する車両)として登場したため、形式名を従来の3ケタから改めたといいます。ちなみに、同社車両の形式名に「E」をつける動きは、1993年デビューの「スーパーあずさ」用E351系が先行しています。

JR東日本はその後、1990年代だけでも、E2系、E3系、E4系と、新たな新幹線車両を矢継ぎ早に投入してきました。仮に形式名が3ケタのままだったとすると、E3系以降は3ケタでは収まらなくなっていました。公式には触れられていませんが、新たな形式付与方式に移行したのは、その先の番号の枯渇を見据えたものだったのでしょうか。ちなみにJR東海でも、700系、N700系、N700Sと、最近の車両では形式名の百の位を7としており、4ケタ形式に踏み込んではいません。

なお、もう一つの欠番である「900」は、旅客を乗せることのない「事業用車」の形式で使うことになっています。900系という形式名は存在しませんが、たとえば「幸せの新幹線」として知られる「ドクターイエロー」は923形、JR東日本版のドクターイエロー「East i」はE926形、時速360キロでの営業運転を目指す試験車両「ALFA-X」はE956形など、みな900番台の形式を名乗っています。

「900系」ではありませんが、事業用車は900番台の形式を名乗ります。画像の「ドクターイエロー」は、形式名は「923形」です
「900系」ではありませんが、事業用車は900番台の形式を名乗ります。画像の「ドクターイエロー」は、形式名は「923形」です

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

関連鉄道リポート

鉄道コムおすすめ情報

画像

「バラバラ発表」の理由は?

春、夏とバラバラに発売が発表されている「青春18きっぷ」。その理由は? JRに聞きました。

画像

定期運用を持つ最後の国鉄特急

四国と九州で活躍するキハ185系。国鉄型特急車では定期運用を持つ最後の形式となりました。

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

ハッピートレイン写真募集中!

東急のラッピング車両「いけたまハッピートレイン」。投稿写真を大募集!投稿はこちらから。