鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

静岡を走った「旧型車両」が新天地へ? 今週一週間の鉄道ニュース

2024年3月24日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

先週末に開業した北陸新幹線の金沢~敦賀間に続き、今週末の23日には、北大阪急行の千里中央~箕面萱野間が開業。2週続けての新線開業となりました。一方で、3月24日にはJR九州の「SL人吉」がラストラン。九州におけるSL列車の動態保存が終焉を迎えました。そんな出来事が入り混じった今週(3月18日~24日)の鉄道関連の話題から、鉄道コム注目のニュースをご紹介します。

まず1本目は、JR東海で活躍した、旧型車両の話題です。国鉄末期に開発され、発足初期のJR東日本とJR東海で主力車両として活躍した211系。JR東海では現在置き換えが進められているのですが、これまで静岡地区で活躍していた同形式の数編成が、3月19日以降、三岐鉄道の富田駅へと回送されています。

JR東海の211系
JR東海の211系

三岐鉄道は、三重県内の路線を運営する私鉄。同社の創業当時から運行している三岐線と、近鉄から譲り受けた北勢線の、2つの路線があります。三岐線では現在、西武鉄道から譲受した車両を使用しているのですが、211系はどうやら、三岐線の車両を置き換えるため、三岐鉄道の駅へと回送されたようです。

三岐鉄道三岐線の車両
三岐鉄道三岐線の車両

211系と同時期に登場した205系は、山梨県の富士山麓電気鉄道、さらにはジャカルタに譲渡されて活躍していますが、211系はこれまで譲渡例はゼロ。今後、三重県で新たな活躍を続けることになるのか、鉄道ファンから注目されています。

もう一つのニュースは、伊予鉄道の「坊っちゃん列車」の話題。2023年11月から運休が続いていた同列車ですが、3月20日に運転を再開しました。今回の運休は、運転士の不足によるもの。同社は今回、「人手が完全に充足したわけではないものの、運行可能な乗務員の確保に目処が付きつつある」ことから、坊っちゃん列車の運転再開にこぎつけました。

坊っちゃん列車は、伊予鉄道開業時に活躍したSLを再現した観光列車。モデルとなった車両は、夏目漱石の小説「坊っちゃん」でも触れられています。地方の公共交通機関は収支、人手とも厳しい状況が続く現代ですが、この観光列車の運転再開は、一筋の光となるでしょうか。

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

関連鉄道リポート

鉄道コムおすすめ情報

画像

京都鉄博で「はなあかり」展示

8月30日~9月3日、京都鉄道博物館にて「はなあかり」を展示。8月29日には有料の先行見学会も。

画像

南海7100系復刻塗装

南海7100系の1本が、緑色の復刻塗装に。8月21日に営業運転を開始予定。

画像

社名は「JR東海交通事業」に

城北線の運営事業などを担う東海交通事業、10月1日付での社名変更を発表。「JR」つきの社名に。

画像

最も歴史のある鉄道会社とは?

現存する鉄道会社の中で、最も歴史があるものとは? 実は考え方によって、複数の会社が当てはまります。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏本番、鉄道イベントも多数。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

イベント投稿写真募集中!

鉄道コムでは、臨時列車や基地公開など、さまざまなイベントの投稿写真を募集中! 投稿写真一覧はこちら。