鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

在来線用なのに「新幹線仕様」! 青函トンネル周辺でしか見られない「レアな機関車」とは

2024年5月15日(水) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

本州と北海道を結ぶ「青函トンネル」は、北海道新幹線のほか、貨物列車が走る在来線「海峡線」が、同じ空間を共有して走っています。両者は、レールの幅は異なりますが、架線の電圧や保安装置は新幹線仕様に統一されています。そのため、青函トンネルを含む青森~函館間(正確には東青森~五稜郭間)では、専用機関車の「EH800形」が運用されています。

青函トンネル区間専用機関車「EH800形」
青函トンネル区間専用機関車「EH800形」

EH800形は、2016年の北海道新幹線開業を前に、2014年に営業運転を開始しました。青函トンネル区間では、開通時に専用機関車として改造投入されたED79形と、後にED79形やED75形を置き換えるために開発されたEH500形が、貨物列車をけん引してきました。しかし、新幹線の開業により、対応装備を持たないこれらの車両は、青函トンネルでの継続使用が不可能に。そのため、新幹線共用区間での運用にも対応する、EH800形が投入されたのです。

EH800形は、EH500形をベースとしていますが、交直両用のEH500形に対し、EH800形は交流専用。また、在来線区間の交流20000ボルトと、新幹線共用区間の交流25000ボルトの双方に対応した「複電圧車」となっています。

加えて、新幹線共用区間を走行するため、保安装置はATS-PFやATS-SFなどの在来線用のほか、新幹線用のデジタルATC、DS-ATCを搭載。また、2エンド側(函館方)の側面には新幹線区間用の通信アンテナを搭載しており、この部分がふくらんでいるのが特徴です。

新幹線区間用のアンテナを搭載した2エンド側の車体。アンテナ搭載部(「EH800-5」のナンバープレートの下)がふくらんでいるのがわかります
新幹線区間用のアンテナを搭載した2エンド側の車体。アンテナ搭載部(「EH800-5」のナンバープレートの下)がふくらんでいるのがわかります

EH800形は、青函トンネル区間用とはいえ、その他の交流区間でも(EH500形より性能低下はあるものの)理論上は走行できる車両ではあります。しかし現在のところ、かつてED79形が仙台まで運用を持っていたような、青函トンネル区間外での運用は見られません。青森・函館を離れるのは、大宮の車両基地で検査を受ける際と、京都鉄道博物館のイベントで展示された際のみに限られています。

鉄道コムおすすめ情報

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

京成「3200形」2025年冬登場

京成電鉄の新型車両「3200形」。フレキシブルに変更できる車両で、24年度は6両を導入。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

京王に新型「2000系」導入へ

「ラウンド型」のデザインを持つ新型車両。2026年初めに営業運転を開始。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

特急「185」投稿写真募集中!

185系による臨時特急「185」。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。