鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

京急とJRが顔を並べる公園がある 鉄道ファンも垂涎?の「ライバル列車共演公園」

2024年2月12日(祝) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

東京(品川)~横浜間の旅客輸送で、とくに強いライバル関係にある京急線とJR線。横浜駅や京急線の神奈川駅付近、京急川崎~六郷土手間にある多摩川の鉄橋などでは、両社の列車が競い合うように走る姿が見られます。また、逗子市、横須賀市内には、京急線がJR横須賀線の線路をオーバークロスする場所があるなど、京急とJRが共演する場所は複数見られます。

列車が動いているという関係上、両社の共演を見られるチャンスは当然ながら限られてきます。が、その共演シーンをカンタンに見られる場所があります。もっとも、京急の車両は動くことのない「保存車両」なのですが。

その場所は、逗子市にある第一運動公園。ここに保存されている600形601号車が、JRとの共演シーンがカンタンに見られる京急車両です。ちなみに、この600形、2024年現在で京急線を走る「600形」ではありません。保存されている車両は、1956年に700形として製造され、のちに形式名を変えたものです。京急で「600形」を名乗る車両は、この保存車両が2代目となります。

逗子市の第一運動公園に保存されている京急600形の601号車。1956年製造の車両で、京急で「600形」を名乗る車両としては2代目です
逗子市の第一運動公園に保存されている京急600形の601号車。1956年製造の車両で、京急で「600形」を名乗る車両としては2代目です

話が少しそれました。この601号車が置かれているのは、公園の南東の端。この場所は横須賀線の線路沿いであり、同線の列車が601号車のすぐ横を駆け抜ける光景が見られます。木々に阻まれやすく、少し難しいですが、601号車と横須賀線列車の顔合わせの瞬間を撮影することも可能です。

保存車両601号車のすぐ横をゆく横須賀線の列車。京浜間ではおなじみの京急とJRの共演が、ここでも見られます
保存車両601号車のすぐ横をゆく横須賀線の列車。京浜間ではおなじみの京急とJRの共演が、ここでも見られます

京浜間では激しい競争を繰り広げる京急とJRですが、こちらの共演はどこか穏やかな印象。601号車は車内に入ることもでき(日中の時間帯のみ)、そこから横須賀線の列車を眺めることもできます。この600形の現役時代を知る人は、懐かしの思い出に浸れ、お子さんは京急とJRを一度に満喫。いろいろな人が、「鉄分」の濃い時間を過ごせることでしょう。

公園の最寄り駅は横須賀線の東逗子駅と京急線の神武寺駅で、601号車までは両駅とも同じくらいの距離。列車本数は神武寺駅の方が多く、保存場所への道は東逗子駅の方がわかりやすくなっています。

ところで、保存されているこの2代目600形、いまも一部の車両が、関東から遠く離れた地で走り続けています。そのことについては、機会をあらためてお話ししたいと思います。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道コムおすすめ情報

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも定期列車の運用に就くよう。一体なぜ?

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。