鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

東海道新幹線の途中駅で、熱海駅にだけ「ない」ものとは? 逆にここだけにあったものも

2023年11月28日(火) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東海道新幹線の途中駅の中で、熱海駅だけにないものとは? 答えは一つではないかもしれませんが、今回ご紹介するのは、熱海駅だけに無い「待避線」です。

東海道新幹線の熱海駅。他の途中駅にある「待避線」は、同駅にはありません
東海道新幹線の熱海駅。他の途中駅にある「待避線」は、同駅にはありません

待避線は、文字通り、列車を待避するための線路のこと。東海道新幹線では、最小3分間隔で「のぞみ」が運転されており、各駅停車の「こだま」は各駅で待避線に「逃げ込む」ようなダイヤとなっています。

最高時速285キロで運転されている東海道新幹線では、停車するために速度を落とし、そして駅を発車し加速すると、高速で走り続ける列車と比較すると大きなタイムロスが生まれます。そのため「こだま」は、待避線を持つ多くの駅で後続の「のぞみ」「ひかり」をやり過ごし、また次の駅の待避線へ逃げ込む、というようなダイヤが組まれているのです。

しかし熱海駅では、この待避線がないため、「こだま」が逃げ込むことができません。そのため、熱海駅周辺では「こだま」に後続列車が追い付きやすく、ダイヤ編成上のネックとなっているといいます。

熱海駅に待避線が作られなかったのは、その地形のため。駅の裏側に山が迫り、線路自体も急カーブを描いている場所に駅を設置したため、待避線のためのスペースが設けられなかったのだそう。待避線とは別ですが、このカーブ自体も曲者で、その曲線半径は1500メートル。熱海駅を通過する列車であっても、駅近辺では速度を落とす必要があり、こちらもダイヤ編成上のネックとなっています。

熱海駅周辺の地図。大きくカーブを描いていることがわかります(国土地理院「地理院地図Vector」の標準地図を基に作成)
熱海駅周辺の地図。大きくカーブを描いていることがわかります(国土地理院「地理院地図Vector」の標準地図を基に作成)

なお、東海道新幹線と直通している山陽新幹線でも、新神戸駅が同じような待避線のないカーブ駅となっています。しかしこちらは、東海道新幹線ほど列車本数が多くないことに加え、現在は全列車が停車する駅となっているため、熱海駅ほどの問題とはなっていないようです。

さて、熱海駅にだけないものは待避線でしたが、かつては熱海駅だけで見られる設備もありました。それはホームドア。待避線がないホームを列車が高速で通過する熱海駅では、安全性確保のため、1974年、東海道新幹線ではじめてホームドアが設置されました。現在のものは2011年以降に設置された2代目ですが、現時点でも「のぞみ」停車駅ではない駅への設置は、同駅が唯一となっています。

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道模型などプレゼント

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で鉄道模型があたる

鉄道コムおすすめ情報

画像

2024年春改正、何が変わる?

北陸新幹線延伸に、E8系デビューなど。春のダイヤ改正の動きを項目別にご紹介。

画像

東急に「新幹線ラッピング」

東急とJR東海がコラボ。東急3020系1編成を対象に、新幹線デザインでラッピング。

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

3月の鉄道イベント一覧

ダイヤ改正の3月到来。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。