鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

南海6000系、いよいよ最後の花道か まもなく登場、無塗装復刻車両

2023年9月4日(月) 鉄道コムスタッフ 井上拓己

8月上旬、南海電気鉄道からひとつのニュースが発表されました。

それは、高野線6000系車両で「無塗装スタイル」を復刻し、9月11日に運転を開始するというもの。

6000系は、1962年にデビューした高野線向けの車両。構成部品の多くをステンレスとする「オールステンレス」車体が採用され、同時期に登場した東急初代7000系、京王3000系などとともに、オールステンレス車両の黎明期を飾りました。その後、台車の交換、行先表示幕やエアコンの搭載などを経て、近年の置き換えが始まるまでの約60年間、ひたすら高野線を走り続けてきました。

南海6000系の、無塗装の姿(左)と現在の姿(右)(無塗装スタイルの画像:南海電気鉄道)
南海6000系の、無塗装の姿(左)と現在の姿(右)(無塗装スタイルの画像:南海電気鉄道)

現在のカラーリングは1992年以降に施されたもので、それまではカラーが一切入っていない、無塗装のスタイルでした。今回復刻されるのは、台車交換ずみ、行先幕とエアコンありという、約30年前に見られた塗装変更直前の姿ということになります。

南海では過去に、本線系統で複数のリバイバル企画が見られました。直近では2015年、7000系7037編成と10000系10004編成を昔の塗装(グリーン系)に戻しています。このとき、両編成は基本的に連結された状態で、特急「サザン」を中心に運用されましたが、車両運用の都合上、現行塗装の車両とも一時的にコンビを組んでいました。今回登場する6000系の復刻スタイルは、2両編成と4両編成が1本ずつ。復刻車両だけの6両編成を組み続けるのか、ほかの車両と組むこともあるのか、その動きにも注目です。

2015年に復刻塗装が施された7000系。かつて本線系統の標準色だったグリーン系の配色が再現されていました
2015年に復刻塗装が施された7000系。かつて本線系統の標準色だったグリーン系の配色が再現されていました

2023年7月時点で、残る6000系は30両。最大72両を数えた同形式も、その勢力は半分以下にまで落ちています。完全引退も近いと思われるいま、この無塗装スタイルへの復刻が、最後の花道になるのでしょう。無塗装スタイルで走る期間は明示されていませんが、「当面の間」この姿が見られるとのこと。焦る必要はありません。駅、線路沿いともにマナーを守り、6000系に残された日々を温かいものにしていきたいですね。

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

関連鉄道コらム

関連鉄道イベント情報

鉄道コムおすすめ情報

画像

「バラバラ発表」の理由は?

春、夏とバラバラに発売が発表されている「青春18きっぷ」。その理由は? JRに聞きました。

画像

定期運用を持つ最後の国鉄特急

四国と九州で活躍するキハ185系。国鉄型特急車では定期運用を持つ最後の形式となりました。

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

381系ラストラン写真募集中!

いよいよ定期運用終了の381系。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。