鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

大阪メトロ中央線の馴染みのメロディが変わる!? 今週一週間の鉄道注目ニュース

2023年6月25日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週(6月19日~25日)1週間の鉄道ニュースの中から、鉄道コム注目の話題をご紹介。まずは、大阪メトロの「音」の話題です。

大阪メトロは21日、中央線用の新しい列車接近メロディと発車メロディを制作すると発表しました。新メロディは、2025年の大阪・関西万博開催に向けたもので、2024年度下期の導入を予定します。

大阪メトロ中央線
大阪メトロ中央線

同社の地下鉄路線では、その前身となる大阪市営地下鉄時代に導入されたメロディが使われています。長堀鶴見緑地線では1990年の開業時から、その他の地下鉄路線では1989年から使われているもので、既に30年以上の歴史がある、大阪市民に馴染みのある音楽となっています。

大阪メトロによると、今回のメロディは中央線限定のものとして制作するということ。御堂筋線などの他路線でもメロディが置き換えられる、というわけではないようです。中央線では、新型車両の400系が25日にデビュー。車両も音もこれまでとは違う、新しい路線へと変わっていきます。

もう一つご紹介するのは、大井川鐵道の客車列車。SL急行「かわね路号」や「きかんしゃトーマス号」で知られる同社ですが、今回企画されたのは、電気機関車けん引の客車列車。しかも、通常のダイヤに載っている普通列車を、期間限定で客車列車として運行しているのです。

大井川鐵道の客車列車(イメージ・画像:大井川鐵道)
大井川鐵道の客車列車(イメージ・画像:大井川鐵道)

6月20日に始まったこの企画ですが、初日から大盛況のよう。多くのファンが楽しんでいる様子が、SNSなどで見られました。この好評ぶりを受けてか、同社は実施期間の延長を発表。当初は6月30日までの平日限定でしたが、7月13日までに延長され、7月には週末も運転されることとなりました。

その大井川鐵道は、2022年の台風15号の影響で、同年9月から家山~千頭間の運休が続いています。本来であればかき入れ時である夏休みシーズンがまもなく到来しますが、現在の状態では「かわね路」も「トーマス号」も、いつも通りの運転とはいきません。窮地に立たされる大井川鐵道を救う気持ちも込めて、今回の客車列車に乗りに行ってみてはいかがでしょうか。

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

関連鉄道イベント情報

鉄道コムおすすめ情報

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ビューさざなみ・わかしお復活

定期運用を退いた255系による臨時特急。9月7日に東京~館山間、8日に東京~安房鴨川間で運転。

画像

性能が良すぎて失敗?

JR貨物発足初期の機関車には、性能が良すぎて失敗した形式が。そんな3兄弟をご紹介します。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

381系ラストラン写真募集中!

いよいよ定期運用終了の381系。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。