鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

ついにJR九州が「脱・ドーンデザイン」? 今週1週間の鉄道ニュース

2023年5月14日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週(5月8日~14日)1週間の鉄道ニュースの中から、鉄道コム注目の話題をご紹介。まずは、JR九州の新「D&S列車」の話題です。

JR九州は10日、久大本線(ゆふ高原線)に、新たなD&S列車(デザイン&ストーリー列車)を導入すると発表しました。博多~由布院~別府間で、木曜日を除く各日に片道1本を運転する列車です。

既存の「ゆふいんの森」がどうなるのか、など、さまざまな点が話題を呼んだこの新D&S列車ですが、最も話題となったのが、車両デザインの担当が鹿児島のデザイン会社IFOOとなったこと。JR九州といえば、これまで数多くの車両のデザインを、ドーンデザイン研究所を率いる水戸岡鋭治さんが手掛けてきました。今回の車両がどのような形となるのかは現時点で未発表ですが、既にSNSなどでは「JR九州がついに水戸岡デザイン以外へ舵を切った」と、驚きの声が上がっています。

久大本線の特急「ゆふいんの森」。こちらは水戸岡鋭治さんがデザインを手掛けました((c)Basico- stock.adobe.com)
久大本線の特急「ゆふいんの森」。こちらは水戸岡鋭治さんがデザインを手掛けました((c)Basico- stock.adobe.com)

もう一つご紹介する話題は、JR東海のキハ85系。6月末に同社での定期運用を終了するキハ85系ですが、7月8日と9日には、団体臨時列車「特急『さよならキハ85系』号」が運転されることが発表されました。

6月末にJR東海での定期運転を終了するキハ85系
6月末にJR東海での定期運転を終了するキハ85系

特に9日の上り列車は、威風堂々とした10両編成での運転となることが話題に。キハ85系の10両編成自体は、近年でも繁忙期の増結で見ることができましたが、その堂々とした姿で同社での営業運転に終止符を打つことになります。

とはいえ、キハ85系の活躍はまだまだ続きます。京都丹後鉄道を運営するWILLER TRAINSでは、引退したキハ85系を譲受し、2023年度にも「KTR8500形」として運行を開始する予定。東海エリアからは見られなくなるキハ85系ですが、今後もその歴史は続くこととなります。

関連鉄道イベント情報

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

行きたいエリアに一票を

「青春18きっぷ」で行ってみたいエリアに投票してください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

京急ファミリーフェスタ

5月26日、久里浜工場にて開催。子ども向けのイベントが中心で、今年度は親子限定の事前申込制。

画像

東海道新幹線に「個室」

東海道新幹線にグリーン車以上の「個室」設置へ。1編成2室設置、2026年度中に提供開始予定。

画像

スタートレイン計画

JR北海道が「赤い星」「青い星」導入計画「スタートレイン計画」を発表。2026年春デビュー。

画像

東武の新型「80000系」

野田線用の新型車両。2025年春より5両編成25本を導入。一部中間車は60000系から転用。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度。本年度も鉄道コムをよろしくお願いします。鉄道旅行や撮影の計画は、イベント情報から。