鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

山手線の車庫が一望できる大井町駅再開発エリア まもなく工事着手へ

2023年3月7日(火) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

JR東日本は7日、「大井町駅周辺広町地区開発(仮称)」に本格着手すると発表しました。

大井町駅周辺広町地区開発(仮称)の俯瞰イメージ
大井町駅周辺広町地区開発(仮称)の俯瞰イメージ

この開発プロジェクトは、東急線大井町駅北側の土地を活用するもの。品川区と連携して開発するもので、エリア全体のにぎわいや回遊性の向上、災害に強く環境に配慮したまちづくりなどを目指します。

高層建築としては、オフィス棟とホテル・賃貸住宅棟の2つのビルを建設。ホテル・住宅棟の最上部には、都心の夜景や車両基地を一望できるルーフトップバーを設けます。また、各所には商業ゾーンや広場を設けるほか、重層的な歩行者デッキも整備。バス・タクシー乗り場となる交通広場も設けます。

ホテルや賃貸住宅から見渡せる夜景と車両基地(イメージ)
ホテルや賃貸住宅から見渡せる夜景と車両基地(イメージ)
歩行者ネットワークの整備イメージ
歩行者ネットワークの整備イメージ
交通広場(イメージ)
交通広場(イメージ)

開発にあわせて、JR東日本は大井町駅東口駅舎の改良工事にも着手します。東急線の改札口に面する従来の西口改札に加え、人工地盤の増設によってコンコースを拡張し、広町改札や北口(いずれも仮称)を新設。京浜東北線ホームの改良も実施するほか、りんかい線から計画地へのアクセス通路も整備する計画です。

大井町駅東口駅舎3階の改良図
大井町駅東口駅舎3階の改良図

このプロジェクトの空間は、山手線などの車両基地である東京総合車両センターの南側です。本計画で整備される広場からは、車両基地にならぶ車両が一望できるとのこと。同社ではほかにも、工場見学のイベントとの連携なども検討しているといいます。

山手線の車庫が一望できる広場(イメージ)
山手線の車庫が一望できる広場(イメージ)

本計画でJR東日本が手掛けるエリアは、2023年4月に本体工事に着手。2025年度末の開業を予定します。

鉄道コムおすすめ情報

画像

3200形「フレキシブルに変更」の意味は?

京成電鉄の新型車両「3200形」。組成内容や連結器の秘密を同社に聞きました。

画像

「キャニオンルート」年内断念

新たな観光ルート「黒部宇奈月キャニオンルート」、黒部峡谷鉄道の鉄橋被災で年内開放を断念。

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

相鉄10000系リバイバル車投稿写真募集中!

相鉄10000系のリバイバルラッピング車両。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。