鉄道コム

鉄道コらム

南海グループ、Visaのタッチ決済による乗車サービスを本格提供へ

2022年12月6日(火) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

南海電気鉄道や三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパンなどは6日、南海グループでの「Visaのタッチ決済」やQRコードによる乗車サービスについて、実証実験から継続的なサービス展開に移行すると発表しました。

南海の特急「ラピート」
南海の特急「ラピート」

Visaのタッチ決済は、Visaブランドのタッチ決済対応クレジットカードやデビットカードなどを端末にかざすことで決済できるサービスです。南海では、2021年4月に同サービスによる乗車実証実験を開始。以降、南海グループ内で提供エリアを拡大し、現在は泉北高速鉄道や南海りんかんバス、南海フェリーでも導入しています。

2022年12月現在の「Visaのタッチ決済」によるサービス提供駅
2022年12月現在の「Visaのタッチ決済」によるサービス提供駅

南海においては今後、2023年度より利用可能駅を順次拡大。全駅で利用できることを目指すとしています。泉北高速鉄道では、Visaのタッチ決済、QR乗車券の読み取り端末を、既存改札機に増設。交通系ICカードを含めた日本初の3種類一体型改札機とします。南海りんかんバスでは、Visaのタッチ決済収受額に、紙の1日フリー乗車券と同額の上限を設定する予定。事実上のフリー乗車券とすることで、窓口でチケットを購入する手間を省きます。

一体型改札機のイメージ
一体型改札機のイメージ

国外で利用エリアが拡大しているというVisaのタッチ決済の導入は、現地での両替や専用ICカード購入といった手間が無いことから、インバウンド旅客の利便性向上に繋がります。関西国際空港のアクセスを担う南海グループでは、入国者数緩和にともなうインバウンド旅客の増加や、2025年大阪・関西万博を見据え、Visaのタッチ決済とデジタルきっぷでしか実現できない、新しい取り組みへ挑戦するとしています。

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

岡山エリア227系お披露目

岡山・備後エリアでは約20年ぶりの新型電車となる227系500番台が報道公開。将来対応の秘密も?

画像

ちょっと珍しい快速が廃止

3月18日の京都丹後鉄道のダイヤ改正で、全国的にも珍しい「快速」が廃止に。

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

またまだ続く冬。2月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。