鉄道コム

鉄道コらム

新宿駅大変革に向けた工事がスタート 今週一週間の鉄道ニュース

2022年10月2日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週一週間(9月26日~10月2日)の鉄道ニュースから、鉄道コム注目の内容をご紹介。まずは、東京のターミナル駅の一つ、新宿駅の話題です。

新宿駅は、小田急電鉄や京王電鉄も乗り入れる大拠点。西口には両社グループによるデパートも立地します。しかし、この小田急百貨店は築50年を超える老朽建築で、これの建て替えを含む再開発が進められることとなりました。

再開発事業の計画建物(イメージ)
再開発事業の計画建物(イメージ)

10月2日には、これまでの小田急百貨店が営業を終了。4日には新宿西口ハルクへ移転し、営業を再開します。役目を終えた旧百貨店の建物は、3日に解体工事を開始。2023年以降は、新宿ミロードも順次解体が進められるスケジュールとなっています。

新築工事は2027年度末にかけてすすめられ、竣工は2029年度を予定。地上48階、地下5階の高層ビルが、新宿駅西口へと現れます。7年後の新宿駅西口は、現在とは様変わりしそうです。

もう一つご紹介するのは、ローカル線の話題。ここ数年は、利用者の減少のほか、豪雨などで被災した路線の復旧や存廃も議論されることが多い地方ローカル線ですが、10月1日に復旧した只見線は、なんと約11年ぶりの復旧に至った路線です。

2011年7月の豪雨で被災し、会津川口~只見間の不通が続いてきた只見線は、2010年度の統計では同社管内でワースト2位(1位の岩泉線は2014年に廃止)で、復旧の議論時には「道路で遜色ない水準」とまで指摘されていました。しかし、鉄路での復旧を強く望む福島県が、施設を県が保有し、運行をJRが担う「上下分離方式」の導入を提案し合意。2018年から復旧工事が進められていました。

復旧工事中の第5只見川橋りょう
復旧工事中の第5只見川橋りょう

被災路線にとどまらず、赤字経営のローカル線の存廃については、他交通機関との兼ね合いや、費用負担、数値に現れにくい利用者の利便性など、さまざまな観点からの議論が巻き起こります。今回の只見線は一つの例にすぎませんが、自治体が身をもって復旧の意志を見せた好例となりそうです。

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

抽選で5000円分プレゼント

年に1度の鉄道コムアンケートを実施中。抽選でアマゾンギフト5000円分を進呈します

画像

好きな地下鉄路線に一票を

全国の地下鉄事業者の路線の中から、好きな路線にご投票ください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

〇〇駅と新〇〇駅の距離は?

全国各地にある「〇〇駅」と「新〇〇駅」。その駅間で最も離れているのはどこなのでしょうか。

画像

阪神で座席定員制列車運転

有料臨時列車「らくやんライナー」。12月から1月にかけて、梅田~青木間で運転。

画像

京都鉄博にDEC741登場

12月22日~26日に、京都鉄道博物館で「DEC741」を展示。グッズ販売も。

画像

相鉄・東急線の新横浜駅を見る

2023年3月開業予定の、相鉄・東急直通線の新横浜駅。駅コンコースやホームをご紹介します。

画像

プロが教えるRAW現像

鉄道写真の作品力を高めるRAW現像とレタッチ。鉄道カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

12月の鉄道イベント一覧

数百件の情報を掲載中。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。