鉄道コム

鉄道コらム

運用削減?それとも引退? 今後が気になるJR九州の415系

2022年9月17日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

西九州新幹線の開業にあわせて、JR九州では9月23日に大規模なダイヤ改正を実施します。ここで気になるのが車両の動向。同社のベテラン電車である415系に、少し怪しい動きが見え隠れしています。

JR九州の中ではベテランの415系鋼製車
JR九州の中ではベテランの415系鋼製車

415系は、国鉄時代に導入された車両。直流電化および交流電化と、電化方式の異なる線区を走行できることが特徴で、かつては常磐線などでも運用に就いていました。車両のグループは大きくわけて2つ。白塗装の鋼製車体を持つ鋼製車と、ステンレス車体の1500番台です。見た目は大きく異なりますが、大まかな仕様は共通となっています。

そんな415系は、9月に鹿児島支社が発表したイベント告知において、同地区での運用は終了するとの予告が。また、9月に開催されたツアーのプレスリリースでは「415系セミクロスシート車にて走行する当社が実施する最後のツアー」と告知されており、少なくともセミクロスシート車(100番台)の運用が終了することがわかります。

加えて、ラッシュ時に長編成を組む姿が見られた福岡・北九州エリアでは、このラッシュ時を含めた全時間帯で列車本数が削減されることとなっており、運用に余剰が発生することが確実。ロングシートの鋼製車(500番台)も、告知こそないものの、雲行きが怪しくなっています。

とはいえ、415系が完全に引退するかといえば、それはあり得ません。直流電化区間と交流電化区間にまたがる下関~門司間で運用に就けるのは、同社保有の電車では415系のみ。今回の改正では鋼製車に黄色信号が灯りましたが、少なくとも1500番台の活躍はまだまだ続くこととなりそうです。

415系鋼製車(手前)と1500番台(奥)の連結。改正後も見られるのでしょうか
415系鋼製車(手前)と1500番台(奥)の連結。改正後も見られるのでしょうか

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

185系乗車で伊豆急下田へ

10月の3連休、品川~伊豆急下田間を185系で往復乗車するツアーが開催

鉄道コムおすすめ情報

画像

西九州新幹線いよいよ開業

9月23日開業の西九州新幹線。新幹線「かもめ」で使われるN700Sの車内外をご紹介します。

画像

EF58-61が鉄道博物館に収蔵

お召列車けん引機のEF58形61号機が、鉄道博物館で常時展示へ。10月30日より公開。

画像

鉄道マイスター検定

「鉄道を学問する」オンライン検定。車両や歴史などの5分野から出題。キミの鉄道知識を試せ!

画像

新幹線部分開業の理由は

武雄温泉~長崎間での開業となり、博多方面へは乗換が必要となる西九州新幹線。その経緯をたどります。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

9月の鉄道イベント一覧

9月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください