鉄道コム

鉄道コらム

鉄道写真に最適! ニコンの新型ミラーレス「Z 9」は値段以上の性能だった

2022年5月7日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

2021年12月に発売されたニコンのフラッグシップミラーレスカメラ「Z 9」。鉄道コム編集部でもこの最新機種を借りることができ、鉄道写真の撮影を敢行しました。

ニコンのフラッグシップミラーレスカメラ「Z 9」
ニコンのフラッグシップミラーレスカメラ「Z 9」

Z 9は、ニコンの技術を総結集して作り上げたカメラ。従来の同社ミラーレスカメラはもとより、デジタル一眼レフカメラをも超える性能を有しています。

オートフォーカス(AF)の性能は大幅に向上し、さらには被写体検出機能も搭載。これまでのカメラも可能だった人物認識のほか、動物、そして乗り物の認識も可能に。完全にカメラ任せで新幹線を撮影したのですが、ピッタリと追従するその性能には驚くばかりでした。ちなみに、飛行機にレンズを向けた場合には、AFポイントはコックピットの窓に照準。筆者は試していませんが、モータースポーツの撮影でも威力を発揮するそうです。

新幹線にピッタリ照準を合わせる被写体検出機能を持つAF
新幹線にピッタリ照準を合わせる被写体検出機能を持つAF

電子ビューファインダー(EVF)の高性能化も特徴です。Z 9のEVFはブラックアウトフリーの「リアルライブビューファインダー」となっており、被写体を追い続ける際にブラックアウトで見失うことがありません。また、連写性能は秒間20コマで、筆者のようなヘタクソカメラマンでも「数撃ちゃ当たる」戦法で狙う「流し撮り」の成功確率が大幅に向上します。

ブラックアウトフリーのEVFや高性能な連写機能は流し撮りで大活躍
ブラックアウトフリーのEVFや高性能な連写機能は流し撮りで大活躍

欠点を挙げるとすると、2022年4月時点の品薄状態と、ボディサイズの大きさや60~70万円という価格でしょうか。とはいえ、品薄についてはともかく、サイズや価格は最上級機としては標準的なもので、むしろボディは従来の一眼レフフラッグシップ機よりも小型化されています。グリップ性も上々で、逆に筆者の私物である「Z 6II」の握り心地に物足りなさを覚えるほどでした。

手軽に購入、という価格の製品ではありませんが、それでもその性能は値段以上。特にミラーレスカメラに不安を抱いているニコンユーザーにオススメしたい製品です。

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。