鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

電車のマスコン 手前に引くか?奥に倒すか?

2023年2月26日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

鉄道車両の速度を制御するための、クルマのアクセルに相当する装置は「主幹制御器」。「マスターコントローラー」、略して「マスコン」と呼ばれています。一般的な電車では、マスコンとブレーキが別々の「ツーハンドル」、両者が一体の「ワンハンドル」の2つの方式があり、近年はワンハンドルが主流となっています。

加減速を1つのハンドルで操作できる「ワンハンドルマスコン」
加減速を1つのハンドルで操作できる「ワンハンドルマスコン」

ワンハンドルマスコンは、ハンドルを前後に動かす方式となっていますが、日本では奥に倒すとブレーキ、手前に倒すと加速となっています。これは、加速時には慣性によって体が後ろに引っ張られ、減速時には同じく前に倒れるのにあわせたもの。また、万が一運転士が気絶した場合でも、体が倒れる前(奥)方向をブレーキとすることで、異常時に備えたといわれています。

日本で現代の形のワンハンドルマスコンを本格的に採用したのは、1969年デビューの東急8000系。以降、他社の車両もふくめて、ワンハンドルマスコンは全てこの向きに動かす設計となっています。

一方、場所が変われば慣習も変わります。欧米で日本のように前後に動かすワンハンドルマスコンを装備している車両は、奥に倒すと加速、手前に引くとブレーキという、日本とは逆方向の設計。これは、前に倒すと前に進むというように、進行方向と動作を合わせたほか、馬車から路面電車へと進化した歴史を踏まえ、馬の手綱を引くとブレーキという動作に合わせたともいわれています。

ロンドン地下鉄の乗務員室。右奥に見える赤いハンドルがマスコンハンドルです
ロンドン地下鉄の乗務員室。右奥に見える赤いハンドルがマスコンハンドルです

海外ではこのほか、クルマのハンドルのような円形のワンハンドルマスコンや、前後ではなく左右に回す「シネストンコントローラー」といったものも。目的は同じ装備でも、文化や慣習によって面白い違いが生まれています。

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道コムおすすめ情報

画像

「かんぱちいちろく」デザイン

JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」デザインなどが発表に。車内には畳個室も。

画像

N700系4本が「8両化」

JR西日本のN700系16両編成4本が8両編成に短縮化改造へ。500系4本を2026年度までに置き換え。

画像

JR四国の新型ハイブリッド車

JR四国が、導入する新型ハイブリッド式車両の詳細を発表。量産先行車は2025年12月に落成。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。