鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

冬限定! 客車からモクモク出る煙の正体は

2022年1月22日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

真岡鐵道のSL列車「SLもおか」では、冬になると客車から白い煙がモクモクと放たれるのを見ることができます。蒸気機関車から出る煙は当たり前ですが、なぜ客車から煙が出ているのでしょうか。

客車の床下から出ている煙の正体は……?
客車の床下から出ている煙の正体は……?

この煙の正体は、「蒸気暖房」という暖房システムによるもの。蒸気機関車が作り出した水蒸気を、客車内を温めるために活用しているのです。

蒸気機関車が主流だった時代、車内の暖房といえば蒸気暖房が当たり前でした。電気機関車やディーゼル機関車が登場した後も、しばらくは蒸気暖房が使われており、蒸気を用いない電気機関車などでも、あえて暖房用に蒸気発生装置を搭載していた車両もありました。

しかしながら、システムのメンテナンスや効率の悪さといった問題により、鉄道車両の暖房は次第に電熱線やエアコンへと置き換えられることに。2022年現在、一般的な列車で蒸気暖房を使用する列車はありません。

一方、先述した「SLもおか」のほか、JR東日本高崎車両センターと大井川鐵道の旧型客車では、今でも蒸気暖房が現役。寒い時期限定ですが、どことなく優しさを感じる暖房を体感できます。

蒸気暖房が現役の「SLもおか」
蒸気暖房が現役の「SLもおか」

鉄道コムの最新情報を無料でお知らせしますプッシュ通知を受け取りますか?

鉄道コムおすすめ情報

画像

定期運用を持つ最後の国鉄特急

四国と九州で活躍するキハ185系。国鉄型特急車では定期運用を持つ最後の形式となりました。

画像

「ドクターイエロー」引退発表

東海道・山陽新幹線の「ドクターイエロー」、2027年以降の完全引退発表。代替車は?

画像

京阪2200系復刻塗装

デビュー60周年の記念企画。2200系7両編成1本の塗装や車外銘板などを、1988年当時の仕様に復刻。

画像

「モード」を使いこなそう

カメラの設定は意外と知らずに使っている人も? 上達に不可欠なモード設定について、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

ビューさざなみ・わかしお復活

定期運用を退いた255系による臨時特急。9月7日に東京~館山間、8日に東京~安房鴨川間で運転。

画像

6月の鉄道イベント一覧

梅雨のシーズンでもイベントは多数開催。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

381系ラストラン写真募集中!

いよいよ定期運用終了の381系。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。