鉄道コム

鉄道コらム

185系いつまで活躍? 一般向け列車は7月以降設定なし

2021年12月31日(金) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

2021年3月のダイヤ改正で特急「踊り子」などから撤退した185系。定期運用からは退きましたが、現在も波動用車両として少数が残存しています。その活躍は、いつまで見られるのでしょうか。

2021年3月で定期運用を失った185系
2021年3月で定期運用を失った185系

現在の185系のような関東エリア配置の波動用車両は、急行型車両の165系や、中央本線、房総方面の特急で使われた183系・189系といった、定期運用を退いた車両が用いられてきました。185系は、2014年の高崎線系統への651系投入によって余剰が発生し、団体列車や快速「ムーンライトながら」などの臨時列車で使われていた183系・189系を代替。185系と同じ大宮総合車両センター配置の両形式を置き換えました。

一方、185系より新しいE257系も、房総特急の削減や中央本線へのE353系投入によって余剰が発生し、一部は波動用となっています。豊田車両センターには5両編成3本が波動用として常駐していたほか、E353系投入完了後には波動用のE257系5000番台・5500番台が改造によって登場。185系と同じ大宮総合車両センターへ配置されています。

波動用のE257系5000番台
波動用のE257系5000番台

波動用E257系の改造は終わりを迎えつつあり、2021年12月には500番台最後の改造対象と思われるNB-12編成が、秋田総合車両センターへ配給輸送されました。これまでの編成では3か月程度で改造工事を終えており、この編成も2022年春ごろには出場する見込みです。

対する185系は、2021年12月現在、7月に運転された快速「谷川岳山開き」が、一般発売された列車としては最後の設定。2022年2月にも団体臨時列車としての運転予定はありますが、E257系改造車が出そろう時期には、いよいよその余生も終えることとなるかもしれません。

関連鉄道リポート

関連鉄道イベント情報

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

画像

好きな「駅そば」に一票を

お気に入りの一杯がある駅を、好きなポイントや思い出のエピソードも添えてご投票ください

鉄道コムおすすめ情報

画像

2030年代半ばに延伸へ

東京メトロが、有楽町線と南北線の延伸事業許可を申請。開業目標は2030年代半ば。

画像

2023年3月に7社局直通開始

「相鉄・東急直通線」開業は2023年3月に。東上線や三田線などとの直通を実施へ。

画像

井の頭線の急行50周年

1000系1本へのヘッドマーク掲出のほか、撮影会や記念乗車券発売などのイベントを実施。

画像

京成・京急などダイヤ改正

京成電鉄や京浜急行電鉄などがダイヤ改正を発表。京成では日中の本線特急が格下げに。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

まだまだ雪のシーズンが続きます。2月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。