鉄道コム

鉄道コらム

まるで時計やゲーミングPC?な車両発表 今週の注目鉄道ニュース

2021年12月12日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週(12月6日~12日)1週間は鉄道の話題が目白押し。鉄道コムで特に注目を集めた話題をご紹介します。

大阪メトロでは9日、2025年に開催予定の「大阪・関西万博」にあわせて、新型車両「400系」を中央線に導入すると発表しました。特に注目を集めたのは、その外観のデザイン。「宇宙船」を意識させるデザインということで、これまでにない独特なものとなっています。SNS上では、コンセプトの宇宙船のほか、「(時計の)G-SHOCKのようだ」「ゲーミングPCに見える」といった声が挙がり、多くの注目を集めています。

まるで「G-SHOCK」やゲーミングPC?な大阪メトロ400系(イメージ)
まるで「G-SHOCK」やゲーミングPC?な大阪メトロ400系(イメージ)

中央線では、万博期間中の輸送力増強のため、御堂筋線用車両をカスタマイズした「30000A系」も一時的に導入するとのこと。30000A系は2022年7月に、400系は2023年4月に、それぞれ運行を開始する予定です。

続いては、2022年春のダイヤ改正の話題。JR各社の発表に先駆けて、10日は京王電鉄と東武鉄道が改正概要を発表しました。京王電鉄の改正内容は、京王線の「特急」と「準特急」を統合するというもの。特急の停車駅が拡大する一方、京王独特の種別だった準特急は廃止されることとなります。

廃止される京王線の「準特急」
廃止される京王線の「準特急」

2001年のダイヤ改正で登場した準特急。かつては他社でも設定されていたことがありますが、現代においては、京王での運転開始から現在に至るまで、同社独自の種別という珍しいもの。特急と急行の中間に位置する種別ではありますが、一時期は京王線の特急が全て運転取りやめとなり、最上位種別が準特急となっていたこともありました。今回の改正によって、その珍しい種別も約20年の歴史に幕を下ろすこととなります。

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

鉄道コムカメラアワード投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

踏切とEVの意外な関わり

日産の電気自動車「リーフ」。JR東日本の踏切と、意外な形での関わりがありました。

画像

往年の名機撮影会

品川駅構内車両基地での機関車など撮影会。EF65-501やEF66-27などが登場予定。

画像

京急の「パタパタ」引退へ

京急川崎駅の「パタパタ」発車標が、2月中旬に引退へ。記念乗車券発売や見学ツアー開催も。

画像

蓄電池電車のしくみ

非電化路線でも走れる電車、蓄電池電車。その仕組みを解説します。

画像

イメージチックな流し撮り

イメージチックな3種類の「流し撮り」をご紹介。助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。

画像

1月の鉄道イベント一覧

2022年も鉄道コムをよろしくお願いします。1月のプラン立案には、イベント情報ページをどうぞ。