鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

まるで時計やゲーミングPC?な車両発表 今週の注目鉄道ニュース

2021年12月12日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週(12月6日~12日)1週間は鉄道の話題が目白押し。鉄道コムで特に注目を集めた話題をご紹介します。

大阪メトロでは9日、2025年に開催予定の「大阪・関西万博」にあわせて、新型車両「400系」を中央線に導入すると発表しました。特に注目を集めたのは、その外観のデザイン。「宇宙船」を意識させるデザインということで、これまでにない独特なものとなっています。SNS上では、コンセプトの宇宙船のほか、「(時計の)G-SHOCKのようだ」「ゲーミングPCに見える」といった声が挙がり、多くの注目を集めています。

まるで「G-SHOCK」やゲーミングPC?な大阪メトロ400系(イメージ)
まるで「G-SHOCK」やゲーミングPC?な大阪メトロ400系(イメージ)

中央線では、万博期間中の輸送力増強のため、御堂筋線用車両をカスタマイズした「30000A系」も一時的に導入するとのこと。30000A系は2022年7月に、400系は2023年4月に、それぞれ運行を開始する予定です。

続いては、2022年春のダイヤ改正の話題。JR各社の発表に先駆けて、10日は京王電鉄と東武鉄道が改正概要を発表しました。京王電鉄の改正内容は、京王線の「特急」と「準特急」を統合するというもの。特急の停車駅が拡大する一方、京王独特の種別だった準特急は廃止されることとなります。

廃止される京王線の「準特急」
廃止される京王線の「準特急」

2001年のダイヤ改正で登場した準特急。かつては他社でも設定されていたことがありますが、現代においては、京王での運転開始から現在に至るまで、同社独自の種別という珍しいもの。特急と急行の中間に位置する種別ではありますが、一時期は京王線の特急が全て運転取りやめとなり、最上位種別が準特急となっていたこともありました。今回の改正によって、その珍しい種別も約20年の歴史に幕を下ろすこととなります。

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

有料会員権1年分があたる

鉄道コム25周年を記念したプレゼントキャンペーンが朝日新聞社で実施中。抽選で有料会員権1年分も

鉄道コムおすすめ情報

画像

255系引退撤回?

定期運転を終了するはずだった255系。しかし改正後にも運用に就くよう。一体なぜ?

画像

「かんぱちいちろく」デザイン

JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」デザインなどが発表に。車内には畳個室も。

画像

いすみ「急行」定期運転終了

いすみ鉄道が3月16日にダイヤ改正。「急行」は運転取りやめ、キハ52形は臨時運転専用に。

画像

「かんぱちいちろく」デザイン

JR九州の新D&S列車「かんぱち・いちろく」デザインなどが発表に。車内には畳個室も。

画像

新幹線をアグレッシブに撮る!!

速いスピードで駆け抜ける新幹線。撮影のコツを、鉄道カメラマンの助川さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

臨時列車運転情報ぞくぞく掲載。鉄道旅行や撮影の計画は、鉄道コムのイベント情報で。