鉄道コム

鉄道コらム

まるで時計やゲーミングPC?な車両発表 今週の注目鉄道ニュース

2021年12月12日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

今週(12月6日~12日)1週間は鉄道の話題が目白押し。鉄道コムで特に注目を集めた話題をご紹介します。

大阪メトロでは9日、2025年に開催予定の「大阪・関西万博」にあわせて、新型車両「400系」を中央線に導入すると発表しました。特に注目を集めたのは、その外観のデザイン。「宇宙船」を意識させるデザインということで、これまでにない独特なものとなっています。SNS上では、コンセプトの宇宙船のほか、「(時計の)G-SHOCKのようだ」「ゲーミングPCに見える」といった声が挙がり、多くの注目を集めています。

まるで「G-SHOCK」やゲーミングPC?な大阪メトロ400系(イメージ)
まるで「G-SHOCK」やゲーミングPC?な大阪メトロ400系(イメージ)

中央線では、万博期間中の輸送力増強のため、御堂筋線用車両をカスタマイズした「30000A系」も一時的に導入するとのこと。30000A系は2022年7月に、400系は2023年4月に、それぞれ運行を開始する予定です。

続いては、2022年春のダイヤ改正の話題。JR各社の発表に先駆けて、10日は京王電鉄と東武鉄道が改正概要を発表しました。京王電鉄の改正内容は、京王線の「特急」と「準特急」を統合するというもの。特急の停車駅が拡大する一方、京王独特の種別だった準特急は廃止されることとなります。

廃止される京王線の「準特急」
廃止される京王線の「準特急」

2001年のダイヤ改正で登場した準特急。かつては他社でも設定されていたことがありますが、現代においては、京王での運転開始から現在に至るまで、同社独自の種別という珍しいもの。特急と急行の中間に位置する種別ではありますが、一時期は京王線の特急が全て運転取りやめとなり、最上位種別が準特急となっていたこともありました。今回の改正によって、その珍しい種別も約20年の歴史に幕を下ろすこととなります。

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「プレミアムカー」5周年

京阪「プレミアムカー」が導入5周年。ヘッドマーク掲出、グッズ販売、ノベルティ配布などを実施。

画像

東横線に「Q SEAT」導入

有料着席サービス「Q SEAT」が東横線にも。2023年度以降、一部の10両編成に2両を連結し提供。

画像

JR西が支社組織を再編へ

岡山・米子・広島支社を統合した「中国統括本部」の設置など。10月1日に実施。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。