鉄道コム

鉄道コらム

特急でも快速でもない かつての長距離輸送の主役、急行列車の歴史

2021年12月30日(木) 鉄道コムスタッフ 野田坂秀陽

青森と札幌を結んでいた寝台車連結の「はまなす」、ボンネット型の489系で知られた「能登」、最後まで583系が活躍した「きたぐに」。近年は少数かつ変わった運用の多かった急行列車ですが、もともとは長距離列車の主役でした。

日本で最初に登場した急行は、1894年に山陽鉄道(当時)が神戸~広島間で運行を開始した、特別料金不要の速達列車でした。当時の各駅停車で12時間半かかるところを8時間56分と3時間半短縮しています。なお、現在の所要時間は新幹線利用で約1時間半、在来線のみで約6時間です。100年以上前にしては意外と速いでしょうか。

その後、通過駅の多い列車には「最急行」「最大急行」などの名が付けられました。有料化は1906年、新橋~神戸間の最急行が最初です。それ以降、国鉄では急行は有料列車として定着します。

明治時代のSL列車(イメージ)
明治時代のSL列車(イメージ)

急行列車の最盛期は大正~昭和初期です。当時の特急は東海道・山陽本線にしかなく、その他の路線では急行が最速達列車となりました。この間有名だったものには201・202列車(上野~青森間)、「さんべ」(米子~熊本間)などがあります。

そんな急行列車ですが、1964年の新幹線開通以降は、衰退の一途をたどりました。輸送需要が増加する中、速度の速い特急列車や新幹線を高頻度で運行することで、効率的に輸送量を増やす方針がとられたのです。気軽に乗れる「エル特急」の設定、山陽、東北、上越新幹線の開通、新幹線開通による余剰特急車両の発生により、急行列車は新幹線や特急に置き換えられたり、快速や普通列車に格下げされる現象が発生したのです。

そして2009年には、最後の昼行急行列車「つやま」が廃止。2016年には、最後の夜行急行、そして最後の定期急行列車であった「はまなす」が廃止され、定期急行列車は消滅してしまいました。

最後の定期急行列車「はまなす」
最後の定期急行列車「はまなす」

現在でも、JRの急行列車は臨時列車として運行されることがあります。例えば、JR東海の飯田線豊橋~飯田間を走る「飯田線秘境駅号」。同じ区間を走る特急「伊那路」が2時間半ほどで走破するところを、この急行列車は5時間40分かけてゆっくりと走ります。

JRでは、臨時列車として細々と残る急行列車ですが、今後も継続して運転されるのか、注目です。

鉄道コムおすすめ情報

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

200系カラーのE2系

東北・上越新幹線開業40周年を記念して、E2系が200系カラーに。ツアー列車の運転も。

画像

185系新幹線リレー号

上野~大宮間の「新幹線リレー号」が、7月に団体臨時列車で復活。

画像

夏の鉄道写真はこう撮る!

まもなく訪れる夏。鉄道写真家の助川康史さんが、夏の鉄道写真の撮り方をシーン別に解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。