鉄道コムおかげさまで鉄道コムは25周年

鉄道コらム

ずっと地下にいる地下鉄のワイパー、なぜ装着?

2021年7月1日(木) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

トンネルを走る地下鉄では、地上で天気が悪くとも、トンネル内で雨が降ることはありません。地上を走る路線と直通運転している地下鉄路線では乗り入れ先で雨に降られることがありますが、都営地下鉄大江戸線や神戸市営地下鉄海岸線など、全線がトンネル内の路線では、雨に打たれることはありません。

雨と無縁なはずの大江戸線。しかし、先頭車両を見ると、地上を走る車両と同じようにワイパーが付いています。なぜでしょうか?

大江戸線の車両が装備しているワイパー
大江戸線の車両が装備しているワイパー

その答えは洗車機。車庫を含めて完全に地下にある路線でも、車両洗浄のために洗車は欠かせません。洗車機を通過する際に被った水を除けるために、ワイパーは必要なのです。

また、トンネル内で水滴が垂れてくることもあります。トンネルは完全密閉空間ではないため、地下水や粉塵などで前面ガラスが汚れてしまうこともあるので、ワイパーが使われます。

なお、営業線全線が地下にあり、かつ地上の直通路線も存在しない路線は、都営地下鉄大江戸線や、大阪メトロ長堀鶴見緑地線・今里筋線などがあります。また、京都市営地下鉄東西線も、京都市の車両は地上路線へ乗り入れることはありません。一方、大江戸線などの車両は、検査を受けるため、地上にある他路線の車両基地へと乗り入れることがあります。

地上の車両基地へ乗り入れた大江戸線の車両
地上の車両基地へ乗り入れた大江戸線の車両

鉄道コムおすすめ情報

画像

3200形「フレキシブルに変更」の意味は?

京成電鉄の新型車両「3200形」。組成内容や連結器の秘密を同社に聞きました。

画像

「プライベース」7/21開始

阪急の座席指定サービス「PRiVACE」、7/21にサービス提供を開始。試乗会の開催も。

画像

夏臨の185系わずか2列車のみ

2024年夏の臨時列車では、185系の充当列車は「谷川岳もぐら」「谷川岳ループ」のみ。今後どうなるのでしょうか。

画像

京王に新型「2000系」導入へ

「ラウンド型」のデザインを持つ新型車両。2026年初めに営業運転を開始。

画像

あえて「車両が無い」鉄道写真

鉄道写真は、車両が写っている写真だけではありません。列車以外の鉄道写真の撮り方を、カメラマンの助川さんが解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

相鉄10000系リバイバル車投稿写真募集中!

相鉄10000系のリバイバルラッピング車両。みなさまが撮影した写真を大募集!投稿はこちらから。