小田急12年ぶりの新型通勤車両、「5000形」を見る

2019年11月14日(木) 鉄道コムスタッフ

車両電装装置として、JR東日本の「INTEROS」に相当する「N-TIOS」を搭載。従来よりも大容量のデータ伝送が可能となっています
車両電装装置として、JR東日本の「INTEROS」に相当する「N-TIOS」を搭載。従来よりも大容量のデータ伝送が可能となっています

この記事の動画

YouTube

記事本文に戻る
小田急12年ぶりの新型通勤車両、「5000形」を見る

鉄道コムおすすめ情報

画像

「みなみ寄居駅」31日開業!

東武鉄道の新駅「みなみ寄居駅」が、10月31日に開業。東上線では17年半ぶりの新駅をご紹介します。

画像

ことでん電車まつり

「第19回ことでん電車まつり」が、11月3日に仏生山車両所、瓦町FLAGにて開催。

画像

新幹線「かもめ」

九州新幹線武雄温泉~長崎間で運転される列車の名前は「かもめ」に。車両はN700Sを導入。

画像

日高本線不通区間が廃止に

JR北海道が、日高本線鵡川~様似間の廃止届を提出。廃止予定日は2021年11月1日。

画像

E2系ダイジェスト

高速化と急勾配に対応した汎用車両E2系。その活躍の歴史と今を紹介します。