東急がJR東から電源車を搬入 北海道での観光列車運行に向け

2019年7月3日(水) 鉄道コムスタッフ

東京急行電鉄は3日、観光列車「THE ROYAL EXPRESS」の北海道運行に使用する電源車を、長津田検車区に搬入した。

東急では、2018年に発生した北海道胆振東部地震の被災地応援企画として、JR北海道やJR東日本、JR貨物と連携し、観光列車の走行プロジェクトを進めている。実際に運行する車両は、伊豆急行が所有する観光列車、THE ROYAL EXPRESSだが、同車を北海道で運行するにあたっては、非電化区間でも営業できるよう、サービス電源を供給する車両が必要となる。

そこで東急では、JR東日本が所有していたジョイフルトレイン「ゆう」用に改造された電源車のマヤ50-2186、通称「ゆうマニ」の譲渡を受け改造。北海道での運行に充当する。

東急はゆうマニを導入した理由について、「既に電源供給設備が整っているため、それほど手を加える必要が無い車両だったため」と説明した。また、現在詳細な内容を検討しているものの、今後は連結器や配管などの改造、外観の変更を実施するという。また、THE ROYAL EXPRESSについても、連結器などの改造を今後実施する。車両の改造は、2020年の実施を予定しているという。

東急などは今後、THE ROYAL EXPRESSの運行について、2019年夏に詳細な運転区間や運転時期を発表予定。2020年1月~2月頃に、旅行商品内容の発表と販売を開始するとしている。運行期間は5月~8月の間の約1か月で、札幌~道東エリアを走行する。

なお、北海道運行後のゆうマニの処遇については、東急は活用を検討したいとしているものの、現段階では未定だという。

長野から甲種輸送されてきた「ゆうマニ」が、長津田駅に到着
長野から甲種輸送されてきた「ゆうマニ」が、長津田駅に到着

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「路面電車」に一票を

函館市電、都電荒川線、万葉線、豊橋鉄道、伊予鉄道、長崎電気軌道、熊本市電…

鉄道コムおすすめ情報

画像

快速あいづ 新HM

6月1日、磐越西線の快速「あいづ」のヘッドマークが新デザインに変更。コンセプトは「季節をめぐる旅べこ」。

画像

東日本の少数派車両たち

さまざまな理由で少数のみが製造された車両たち。北海道・東日本エリアで活躍している車両をご紹介します。

画像

SR1系 有料快速

7月6日~、しなの鉄道「SR1系」が平日の有料快速列車「しなのサンライズ号」「しなのサンセット号」で登場。

画像

ちくてつの「赤電」

筑豊電気鉄道で「赤電」塗装色車両が登場。5月30日に運転開始。

画像

30年前の鉄道風景

初代AE形、183系、50系客車……平成2年に活躍していた関東・東北の車両を振り返ります。

画像

6月の鉄道イベント一覧

今年も梅雨のシーズンがやってきました。6月の鉄道の動きを知るなら、鉄道コムのイベント情報。

画像

みんなで「駅つなゲー」

しりとり、なかとり・・・駅名をつないで旅行気分。「駅つなゲー」の特別編、ただいま開催中です。