特急形気動車に関する鉄道リポート

鉄道コムリポート一覧(新着順) / 1~6件を表示しています

全6件

  • C62ニセコ号、フラノエクスプレスの夏~平成2年の鉄道風景(北海道編)

    30年前(平成2年)を振り返るシリーズ。今回は、1990年夏の北海道での鉄道風景を、JRの車両を中心にご紹介します。

  • 日本で最も速い列車は? 新幹線と在来線の「表定速度」ランキング

    日本の鉄道では、JRと私鉄、そして鉄道とその他の交通機関との間での競争が、以前より繰り広げられてきました。そこで鉄道事業者が採ってきた手段の一つが、速度の引き上げです。鉄道大国の日本で、最も速い、そして最も早い列車をご紹介します。

  • 消える「スーパー」な列車たち JRの旅客列車は4種類のみに

    3月14日に実施される、2020年春のJRグループダイヤ改正。この改正において、JR北海道から「スーパー」を冠する特急列車が消滅します。ダイヤ改正後も「スーパー」の名称が残るJRの旅客列車は、JR西日本管内の特急「スーパーはくと」「スーパーいなば」「スーパーおき」「スーパーまつかぜ」の、わずか4列車のみとなります。

  • 2020年の鉄道トピックス[車両・列車編]

    新型特急車両の導入や、東海道新幹線700系の引退、新たな観光列車の登場など……2020年に予定される鉄道車両や列車のトピックスをご紹介します。

  • 221系から瑞風まで、平成の車両を振り返る

    1989年から約30年続いた平成。JR発足からの約30年と重なるこの年代は、車両トレンドにもさまざまな変化が見られました。

  • さらば国鉄特急色 全国を駆け巡った60年の系譜

    豊田車両センター所属189系M51編成のラストラン列車が4月27日、廃車回送を兼ねたものとして、豊田~長野間で運転されました。この編成の引退は、首都圏に配置された189系の消滅とともに、一つの時代の終わりも告げるものでした。その時代とは、「国鉄特急色」。1958年の登場以来、国鉄特急、JR特急のイメージカラーとして知られたこの塗装も、M51編成の引退と共に営業線上から姿を消すこととなりました。日本を支えた国鉄特急の塗装、その歴史を振り返ってみましょう。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「国鉄型車両」に一票を

115系、103系、205系、413系、381系、キハ40形、キハ185系、43系客車…

鉄道コムおすすめ情報

画像

渋谷駅「玉川改札」

9月25日をもってその役目を終えたJR渋谷駅の「玉川改札」。同改札の由来などを紹介します。

画像

ななつ星7周年

「ななつ星in九州」が「7」周年。記念企画の一環として、10月13日~16日に特別運行を実施。

画像

青函トンネル速度向上

年末年始に、北海道新幹線の青函トンネル区間で、時速210キロ運転を実施。

画像

博多駅で36ぷらす3展示

10月11日・18日、博多駅で「36ぷらす3」を展示。事前申込制で車内の見学も。

画像

Laview受賞式

Laviewのブルーリボン賞受賞式が、10月25日に開催。受賞式を観覧できるツアーも。

画像

9月の鉄道イベント一覧

いつもと違う秋に。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

画像

駅つなゲー モデルプラン

全国の駅を「しりとり」「あたまとり」などでつなぐ「駅つなゲー」。テーマを決めてつなぐ例を紹介します。