鉄道コム

岡山エリアの新型車両227系 「黄色一色」脱却の理由をJR西日本に聞く

2022年6月10日(金) 鉄道コムスタッフ 西中悠基 井上拓己

「末期色」からの方針転換はなぜ?

――JR西日本では、かつては「末期色」と呼ばれるようなデザインを採用していましたが、今回はなぜ、このような力を入れた車両デザインの企画を実現することができたのでしょうか。

地域と共に歩む会社でありたい、という思いがあったためです。車両の色を全エリアで同じ色にするのではなく、地域にそったカラーやデザインでありたい、という思いから、今回の企画に繋がりました。

「末期色」と揶揄されてきたカラーリング
「末期色」と揶揄されてきたカラーリング

――塗装が必要な鋼製車両から、塗装が不要なステンレス車両となったことで、コストが下がり、実現が可能になったということはありますか?

ワークショップでは、まずはコストは考えずに、地域に愛されることを大切に考え、デザインの検討を進めていきました。

また、2009年以降の塗装は、現行車両を単色とすることで将来的なコストの削減を目指していましたが、今回は真新しい新型の車両です。そのため、227系に合った色で、新しいデザインを追求しています。

227系に合った色として、新しいデザインが追求されました
227系に合った色として、新しいデザインが追求されました

――カラーリングは大きく力を入れていますが、車体デザインそのものを変更しようという話はなかったのでしょうか?

今回導入する227系の車体そのもののデザインは、225系や521系などと同じです。こちらは設計を共通化することで、さまざまなコストを低減する狙いがあります。

北陸エリアで活躍する521系。車体そのもののデザインは227系と共通です
北陸エリアで活躍する521系。車体そのもののデザインは227系と共通です

そのため、今回岡山・備後エリアに導入する車両デザインを検討する際も、元のデザインを大きく変えようという発想はなく、色に拘ろうという観点で進めていました。

――このデザインは「新しい地域色」とも言えると思うのですが、115系や213系、223系など、既存の車両をこの227系のデザインに揃える計画はないのでしょうか。

その予定はありません。

――個人的な印象ですが、今回の岡山・備後エリア向け車両では、以前に227系が導入された広島エリアや和歌山エリアよりも、盛り上がっているように見えます。

広島エリアでも、227系導入時に「Red Wing」という愛称を付けています。どちらが上、というわけではありませんが、私たちとしても、より深く、岡山・備後エリアの多くの人を巻き込んでいきたいと考えています。

――山陽本線へ投入されると、糸崎駅や三原駅などで、広島エリアの227系と並ぶ機会があります。

広島エリアの車両とは、競い合うのではなく、コラボレーションといった形で見ていただけると嬉しいです。同じ中国エリアを走る列車として、姉妹のように一体となって見られるようにありたいと考えています。

広島エリアの227系「Red Wing」。岡山・備後エリア向け227系との並びも見られる予定です
広島エリアの227系「Red Wing」。岡山・備後エリア向け227系との並びも見られる予定です

――愛称といえば、岡山支社でも227系の愛称を募集しているとのことですが、こちらは現在どのような応募があるのでしょうか。

愛称については、募集期間を半分過ぎたところですが(編集部注:取材日は6月2日)、現時点で600件ほどの応募があります。全国から応募をいただいており、名称についても、「Red Wing」のようなかっこいいものや、やわらかい印象の和風のものなど、さまざまです。

――広島エリアの車両では愛称を車体に描いていますが、岡山・備後エリア向け車両でも?

はい。場所は未定ですが、決定した愛称を車体に描く予定です。

転落防止幌に愛称「Red Wing」を描く、広島エリアの227系
転落防止幌に愛称「Red Wing」を描く、広島エリアの227系

今回のワークショップでは、普段車両に携わっていない部署の社員も参加しました。このような立場で新型車両のデザインに携わったことから、「楽しい仕事だった」「自分が携わった車両ということで、子どもにも伝えていきたい」という声がありました。

――最後に、あらためて新型車両導入に向けての意気込みをお聞かせください。

今回の227系は、岡山・備後エリアでは待望の新車となるので、社員はもちろん、地域の皆さまに愛される車両を作っていきたいと考えています。特に利用者の皆さまに愛着を持っていただけると嬉しいです。

――ありがとうございました。

JR西日本によると、岡山・備後エリア向けの227系は、2両編成と3両編成の計101両を導入する予定。山陽本線などへ投入し、従来の車両を置き換えていく計画です。

なお、山陽本線以外での運行路線や運用形態については、現時点では未定だということ。また、置き換え対象となる車両についても、経年状況や使用用途を見つつ、今後検討するとしています。

また、愛称の募集については、JR西日本岡山支社の公式Twitterにて、6月16日まで受け付けているということです。

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

抽選で5000円分プレゼント

年に1度の鉄道コムアンケートを実施中。抽選でアマゾンギフト5000円分を進呈します

画像

好きな地下鉄路線に一票を

全国の地下鉄事業者の路線の中から、好きな路線にご投票ください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

VSE全線走破ミステリーツアー

小田急ロマンスカー「VSE」による新春ミステリーツアー。2日間開催で、両日参加で小田急全線を走破。

画像

阪神で座席定員制列車運転

有料臨時列車「らくやんライナー」。12月から1月にかけて、梅田~青木間で運転。

画像

京都鉄博にDEC741登場

12月22日~26日に、京都鉄道博物館で「DEC741」を展示。グッズ販売も。

画像

相鉄・東急線の新横浜駅を見る

2023年3月開業予定の、相鉄・東急直通線の新横浜駅。駅コンコースやホームをご紹介します。

画像

プロが教えるRAW現像

鉄道写真の作品力を高めるRAW現像とレタッチ。鉄道カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

12月の鉄道イベント一覧

数百件の情報を掲載中。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。