鉄道コム

燃料電池電車「FV-E991系」諸元表

2022年5月14日(土) 鉄道コムスタッフ

JR東日本が2月に導入したFV-E991系は、水素を燃料とする燃料電池と、蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載した試験車両。ディーゼルエンジン車などに代わる非電化区間用車両の実現を目指し、試験が進められています。

燃料電池車両のFV-E991系「HYBARI」
燃料電池車両のFV-E991系「HYBARI」

諸元表

速度性能

  • 最高運転速度:時速100キロ
  • 加速度:2.3km/h/s
  • 減速度:4.2km/h/s

残り3020文字/全文:3656文字

この続きはプレミアム会員になるとご覧になれます

プレミアムサービスのご案内 / 会員の方はチェックイン

プレミアム会員の入会はこちらから

形式1号車:FV-E991-1 Mzc(質量39.2トン)2号車:FV-E990-1 Tzc'(質量37.3トン)車体寸法長さ:19,570ミリ ※連結面間は20,000ミリ幅:2,800ミリ屋根高さ:3,620ミリTzc'車水素貯蔵ユニット・屋根上配管ユニット搭載部は低屋根構造、高さ3,510ミリ

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

好きなJRの特急車両に一票を

全国を走るJRの現役特急車両のなかから、好きな車両にご投票ください。「旅と鉄道」共同企画

鉄道コムおすすめ情報

画像

「はるか」全列車運転再開

関空特急「はるか」が、11月1日に11往復の運転を再開。運休中の全列車が運転再開に。

画像

「ラピート」泉北ライナーへ

「ラピート」用の50000系が、特急「泉北ライナー」に投入。11月1日から1日5~6往復運転。

画像

「黒い山手線」ラッピング

1号機関車をイメージしたラッピング車両「黒い山手線」が、10月1日運転開始。

画像

プロの鉄道写真家の仕事とは?

写真はよく見るけれど、具体的な仕事内容は知らない……そんなプロの鉄道カメラマンの仕事を、助川康史さんが解説します。

画像

鉄道イベント検索の新定番

臨時列車の区間やグッズ販売の場所を全国地図で表示する機能が登場。期間や条件の絞り込みも

画像

10月の鉄道イベント一覧

数百件の情報を掲載中。鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。