鉄道コム

静岡エリアへやってきた313系8000番台、その転属のワケは?

2022年6月4日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

2022年3月のJR東海のダイヤ改正では、新型車両である315系のデビューが注目されていました。一方、蓋を開けてみると、かつて中央本線の「セントラルライナー」で使用されていた313系8000番台が静岡エリアへ転属。同エリアでは珍しい転換クロスシート装備車として、鉄道ファンの注目を集めました。

中央本線の運用に就いていた頃の313系8000番台
中央本線の運用に就いていた頃の313系8000番台

JR東海の広報担当者によると、中央本線への315系投入によって、車両運用計画を変更。313系8000番台を静岡エリアへ転属させることで、211系を置き換えたといいます。置き換え対象となった211系は、車内にトイレが設置されていない車両だったため、今回の置き換えによって、東海道本線のトイレ設置車両が増加したといいます。

313系によって一部が置き換えられた211系
313系によって一部が置き換えられた211系

今回の転属では、鉄道ファン、特に「青春18きっぷ」ユーザーにとっては、転換クロスシートの投入によって快適性が向上した!という感想を抱く人も少なくないようです。しかしながら、車内奥まで立ち客が入りにくい転換クロスシートを装備し、さらに扉付近に仕切り壁を設置している8000番台では、他の車両よりも体感的

関連鉄道リポート

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

新幹線ナイトフォトツアー

盛岡新幹線車両センターを深夜に見学。夜間留置中のE5系や、E5系・E6系の出庫シーンを撮影可。

画像

実は最古参の9000系

東急9000系9001編成は、実は現在現役最古参の東急車。その9000系も置き換え計画が?

画像

HC85系に展望席が無い理由

先代のキハ85系と異なり、展望席が設定されていないHC85系。その理由をJR東海に聞きました。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の青い電車6000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: