鉄道コム

JR東日本とトヨタが水素でコラボ 燃料電池車両「HYBARI」がお披露目

2022年2月18日(金) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

JR東日本は18日、燃料電池車両「FV-E991系『HYBARI』」を報道公開しました。

FV-E991系『HYBARI』
FV-E991系『HYBARI』

FV-E991系は、水素を燃料とする燃料電池と、蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載した試験車両。愛称の「HYBARI」は、「"HY"drogen-"HYB"rid "A"dvanced "R"ail vehicle for "I"nnovation」(変革を起こす水素燃料電池と主回路用蓄電池ハイブリッドの先進鉄道車両)という意味を持たせています。

「HYBARI」ロゴマーク
「HYBARI」ロゴマーク

燃料電池とは、供給した燃料を用いて化学反応により発電する電池のこと。水素を用いる燃料電池では、水素と空気で高効率に発電し、かつ排出物は水だけ。従来のディーゼルエンジンなどを使用するシステムに対し、クリーンな発電システムを実現できます。

FV-E991系の機器構成
FV-E991系の機器構成
FV-E991系の燃料電池ユニット
FV-E991系の燃料電池ユニット

JR東日本では、試験用車両「NEトレイン」によって、2006年以降に燃料電池車両の試験を実施していました。また鉄道総合技術研究所(鉄道総研)でも、2006年より実車による試験を継続している段階で、営業用車両として実用化された例はありません。

一方、自動車業界においてはトヨタ自動車が水素を動力源とする燃料電池車の開発に積極的で、セダン型自動車の「トヨタ・MIRAI」や、燃料電池バス「SORA」、関連会社による燃料電池フォークリフトといった製品を展開しています。

トヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」(2代目コンセプトモデル)
トヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」(2代目コンセプトモデル)

今回のFV-E991系では、このトヨタが開発した燃料電池装置を搭載。燃料電池自動車の開発で培った知見に基づく協力を受け、試験を実施する予定です。

車両の外観は、 燃料電池の化学反応から生まれる水を、碧いしぶきと大地を潤すイメージでとらえ、スピード感と未来感を持たせたデザイン。前面や側面には、春の訪れを告げる鳥の「ひばり」をモチーフとしたロゴを配しています。

車内はロングシートの配置で、フリースペースや優先席も設置。試験用の車両ではありますが、EV-E301系をベースとした旅客用設備を有しています。また、試験用車両特有の装備として、窓にはカーテンを設置しています。

FV-E991系の車内
FV-E991系の車内
FV-E991系の運転台
FV-E991系の運転台

FV-E991系の実証試験は、2022年3月ごろに開始予定。鶴見線や南武支線(尻手~浜川崎間)、南武線尻手~武蔵中原間で試験を実施する予定となっています。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

日暮里・舎人ライナー車両置き換えへ

6月25日、日暮里・舎人ライナーの330形3次車が、営業運転を開始。300形は順次置き換えに。

画像

西武6000系デビュー30周年

1992年のデビューから30年が経過した、西武初の「青い電車」3000系。その活躍はまだまだ続きます。

画像

被災から2年の肥薩線の現状

2020年7月の豪雨で被災した、JR九州の肥薩線。その現状や今後をリポートします。

画像

黄色一色から脱却した理由は?

岡山・備後エリアに導入される227系。「黄色一色」のデザインから変化した理由を聞きました。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ梅雨のシーズンへ。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: