鉄道コム

新幹線最後の売店など、2階建て新幹線「Max」引退とともに消える設備4選

2021年9月26日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

いよいよ10月1日に定期運用を終了するE4系「Max」。2階建て車両であるE4系の引退は、1985年デビューの100系以来36年間続いてきた、2階建て新幹線車両の活躍の終わりを意味します。

10月1日をもって定期運用から退くE4系
10月1日をもって定期運用から退くE4系

しかし、E4系の引退によって終わりを迎えるものは、2階建て新幹線という存在だけではありません。E4系とともに新幹線から消える装備・設備4つをご紹介します。

1.100系にも装備、物を運ぶためのリフト

2階建て新幹線では、デッキと1階・2階の移動には上り下りが必須。しかしながら、足が不自由な利用者や、車内販売用カートのような重量物は、階段を通るのは困難です。バリアフリー面では、一部車両に階段を使わない平屋席を設置し対応していましたが、これでは後者は対応できません。

そこでE4系では、デッキ部に車内販売用のリフトを設置。重量物であるカートによる車内販売を可能としました。

E4系のデッキ部。「3」の号車表示の下に、カート用のリフトが設置されています
E4系のデッキ部。「3」の号車表示の下に、カート用のリフトが設置されています

先代「Max」のE1系では、このリフトは設置されていませんでした。そのため車内販売員は、カートではなく手持ちのカゴを使用して車内を巡回していたとのこと。カートよりも搭載量は限られるとはいえ、飲み物を大量に詰め込んだカゴを持ち、12両編成のE1系で車内販売するのは重労働だったそう。このリフトの設置によって、車内販売員の重労働は幾分か緩和されることとなりました。

なお、初代2階建て新幹線である100系では、階段のリフトは装備していませんでした。その100系での装備場所はというと、食堂車。2階建て車両である食堂車は、2階に客席、1階に厨房を設置していました。この厨房から客席へと料理を運ぶために、リフトが設置されていました。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

羽田空港駅の引上線工事

羽田空港第1・第2ターミナル駅の引上線新設工事に着手。2025年度頃には仮通路を供用。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「プレミアムカー」5周年

京阪「プレミアムカー」が導入5周年。ヘッドマーク掲出、グッズ販売、ノベルティ配布などを実施。

画像

JR西が支社組織を再編へ

岡山・米子・広島支社を統合した「中国統括本部」の設置など。10月1日に実施。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: