鉄道コム

新幹線最後の売店など、2階建て新幹線「Max」引退とともに消える設備4選

2021年9月26日(日) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

いよいよ10月1日に定期運用を終了するE4系「Max」。2階建て車両であるE4系の引退は、1985年デビューの100系以来36年間続いてきた、2階建て新幹線車両の活躍の終わりを意味します。

10月1日をもって定期運用から退くE4系
10月1日をもって定期運用から退くE4系

しかし、E4系の引退によって終わりを迎えるものは、2階建て新幹線という存在だけではありません。E4系とともに新幹線から消える装備・設備4つをご紹介します。

1.100系にも装備、物を運ぶためのリフト

2階建て新幹線では、デッキと1階・2階の移動には上り下りが必須。しかしながら、足が不自由な利用者や、車内販売用カートのような重量物は、階段を通るのは困難です。バリアフリー面では、一部車両に階段を使わない平屋席を設置し対応していましたが、これでは後者は対応できません。

そこでE4系では、デッキ部に車内販売用のリフトを設置。重量物であるカートによる車内販売を可能としました。

E4系のデッキ部。「3」の号車表示の下に、カート用のリフトが設置されています
E4系のデッキ部。「3」の号車表示の下に、カート用のリフトが設置されています

先代「Max」のE1系では、このリフトは設置されていませんでした。そのため車内販売員は、カートではなく手持ちのカゴを使用して車内を巡回していたとのこと。カートよりも搭載量は限られるとはいえ、飲み物を大量に詰め込んだカゴを持ち、12両編成のE1系で車内販売するのは重労働だったそう。このリフトの設置によって、車内販売員の重労働は幾分か緩和されることとなりました。

なお、初代2階建て新幹線である100系では、階段のリフトは装備していませんでした。その100系での装備場所はというと、食堂車。2階建て車両である食堂車は、2階に客席、1階に厨房を設置していました。この厨房から客席へと料理を運ぶために、リフトが設置されていました。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

ハイブリッド気動車のしくみ

電車にエンジンと蓄電池を積んだような「ハイブリッド気動車」。そのシステムを解説します。

画像

モノレール浜松町駅工事へ

東京モノレールがモノレール浜松町駅の建て替え工事に本格着手。完成は2029年12月。

画像

ラピートに「すみっコ」乗車

土休日の「ラピート」全便再開にあわせ、「すみっコ」のぬいぐるみが運転席に。

画像

EF64-37 撮影会

高崎車両センター内での、定員2人のEF64形37号機撮影会イベント。参加費は1組10万円。

画像

「とれいゆ つばさ」運転終了

山形新幹線などを走る「とれいゆ つばさ」が、2022年3月に運転を終了へ。

画像

10月の鉄道イベント一覧

10月の鉄道趣味のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: