鉄道コム

日本で最も速い列車は? 新幹線と在来線の表定速度 2021年版ランキング

2021年6月12日(土) 鉄道コムスタッフ

在来線の表定速度最速はあの列車

新幹線を除き、最も表定速度が高いのは、北陸本線の特急「サンダーバード」です。最速となる「サンダーバード」9号は、大阪~金沢間267.6キロを2時間34分で結び、表定速度は時速104キロに達します。2021年現在、表定速度が時速100キロを超える在来線特急は、この「サンダーバード」のみとなっています。

2位以降の列車は、特急「ソニック」、「ライラック」・「カムイ」、「しらさぎ」、「あずさ」、「ひたち」などと、最高時速120キロ~130キロで走るJRの都市間特急が占めています。

北陸本線の「しらさぎ」「おはようエクスプレス」などや、常磐線の「ひたち」、函館本線などの「北斗」は、路線の線形が比較的良いため、高速巡航が可能な列車。一方、日豊本線の「ソニック」、中央本線の「あずさ」は、カーブが多い路線ながら、全列車に車体傾斜式車両を投入して曲線通過速度を向上し、表定速度を高めている列車です。

北陸本線の特急「サンダーバード」。2021年現在は新幹線以外で国内最高の表定速度を誇ります
北陸本線の特急「サンダーバード」。2021年現在は新幹線以外で国内最高の表定速度を誇ります
7位にランクインした、常磐線の特急「ひたち」
7位にランクインした、常磐線の特急「ひたち」

上位10列車のうち、私鉄で唯一ランクインしたのが、近畿日本鉄道(近鉄)の名阪特急「ひのとり」。一部区間に限られますが最高時速130キロで運転されており、日中時間帯の最速列車の所要時間は2時間5分。表定速度は時速91キロとなっています。

私鉄最速は近鉄の「ひのとり」
私鉄最速は近鉄の「ひのとり」

ちなみに、新幹線以外の路線で国内最速である「スカイライナー」は、表定速度は時速89キロ。最高速度こそ高い列車ですが、成田スカイアクセス線以外では速度が抑えられてしまうため、表定速度も低めとなっています。

また、特急列車以外で最も表定速度が高いのは、北越急行ほくほく線の超快速「スノーラビット」です。かつて時速160キロで運転していた在来線特急「はくたか」の性格を受け継ぎ、線内の停車駅を大幅に絞った列車で、最速列車の表定速度は時速88キロ。新幹線以外では最速となる「スカイライナー」に対して、表定速度では肉薄しています。

2021年度では、2020年度とランキングの順位が入れ替わることはありませんでしたが、2020年度最速だった「サンダーバード」37号(表定速度は時速106キロ)や、2位だった「ソニック」17・26・30号(表定速度は時速99キロ)が臨時列車化され、定期最速列車は所要時間が増えたことに。「ソニック」は「ダイナスター」と同率2位となってしまいました。また、「しらさぎ」も65号の所要時間が増加した結果、「あずさ」18号と同じ順位となっています。

2位にランクインした特急「ソニック」ですが、速達列車の臨時化で、定期列車の表定速度は低下しました
2位にランクインした特急「ソニック」ですが、速達列車の臨時化で、定期列車の表定速度は低下しました

一部列車の臨時化は、新型コロナウイルス感染拡大による利用者の減少を踏まえたもの。「サンダーバード」は37号を含む上下各4本、「ソニック」は速達タイプの上下各6本が、2021年3月のダイヤ改正で臨時列車化されています。また、3位にランクインした「ダイナスター」も、2020年度では3本の表定速度が時速97キロとなっていましたが、2021年3月のダイヤ改正で、1本は廃止、もう1本は所要時間が増加したため、表定速度の高い列車が減少してしまいました。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

カメラアワード2023投票

鉄道の撮影に適しているベストカメラを、鉄道コムご利用の皆さんの投票で決定します

鉄道コムおすすめ情報

画像

岡山エリア227系お披露目

岡山・備後エリアでは約20年ぶりの新型電車となる227系500番台が報道公開。将来対応の秘密も?

画像

ちょっと珍しい快速が廃止

3月18日の京都丹後鉄道のダイヤ改正で、全国的にも珍しい「快速」が廃止に。

画像

鉄道車両の「F」って何?

「〇〇F」「〇〇×10」「C#〇〇×8R」などなど、会社ごとに異なる編成の呼び方についてご紹介。

画像

かつて走った京急の面白列車

種別を2回も変更、駅と駅との間での通過待ちも! かつて走った「D特」とは。

画像

冬らしい鉄道写真の撮り方は?

雪が降る季節は、美しい写真が撮れる一方、コツも必要。カメラマンの助川康史さんが解説します。

画像

2月の鉄道イベント一覧

またまだ続く冬。2月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。