鉄道コム

宇都宮と横浜で建設中! 各地で工事が進む新路線たち

2021年1月30日(土) 鉄道コムスタッフ

みなとみらいの空を跨ぐロープウェイ

2021年1月時点で本記事のうち、最も早く開業を予定しているのが、横浜市のみなとみらいエリアを通る「YOKOHAMA AIR CABIN」です。

YOKOHAMA AIR CABINのイメージ(画像:横浜市都市整備局)
YOKOHAMA AIR CABINのイメージ(画像:横浜市都市整備局)

「YOKOHAMA AIR CABIN」は、横浜市がみなとみらいエリアの回遊性向上を目指して建設されるロープウェイ。桜木町駅前から運河パーク前までの約630メートルを結びます。最大高さは約40メートルで、1基8人乗りのゴンドラを36基導入する計画です。

このロープウェイは、横浜市がみなとみらいエリアの回遊性向上を目指し、「まちを楽しむ多彩な交通」を公募したことが発端。これに対し、「よこはまコスモワールド」などを運営する泉陽興業が提案し、2019年に両社が事業実施協定を締結したことで、ロープウェイ事業が開始されました。

2021年1月の時点では、既に支柱の建設は終わり、ロープも張られた状態。駅舎の工事も最終段階を迎えています。

桜木町駅前に建設中の駅舎(2020年12月撮影)
桜木町駅前に建設中の駅舎(2020年12月撮影)
すでにロープは張られた状態です(2020年12月撮影)
すでにロープは張られた状態です(2020年12月撮影)

1989年にみなとみらいエリアで開催された「横浜博覧会」では、横浜駅前のそごう横浜店から、現在のみなとみらい駅付近までの間で、ゴンドラが運行されていました。こちらは博覧会終了とともに撤去されてしまいましたが、「YOKOHAMA AIR CABIN」の開業によって、約30年ぶりに、みなとみらいエリアの空をロープウェイが通ることになります。

なお、国外では都市部の移動需要に応える路線も建設されているロープウェイですが、日本では現在運行されている路線は全て山間部のもの。先の横浜博覧会のゴンドラも、恒久的なものではありませんでした。今回の「YOKOHAMA AIR CABIN」は、日本では初めての、恒久的な「都市型ロープウェイ」となります。

鉄道事業法の「索道事業」にあたる「YOKOHAMA AIR CABIN」。開業は2021年4月22日を予定しています。

関連鉄道リポート

関連鉄道イベント情報

関連鉄道未来ニュース

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

研修センターオンライン見学

JR東日本の総合研修センターオンライン見学会が、8月5日・6日に開催。

画像

E131系、次の導入路線は?

房総エリアでデビューし、相模線や宇都宮・日光線にも投入されるE131系。その次の導入路線は?

画像

新幹線敦賀駅の発メロ曲募集

敦賀市が、北陸新幹線敦賀駅発車メロディーで使用する曲を募集。7月1日から受付。

画像

E4系定期ラストランは10月1日

上越新幹線のE4系「Max」が、10月1日に定期運転を終了へ。ツアー列車の運転も。

画像

小田急親子向け体験ツアー

小田急が、親子向け体験ツアーを開催。「GSE」運転席体験や「テクノインスペクター」乗車など。

画像

6月の鉄道イベント一覧

いよいよ季節は夏。6月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: