ミラーレス一眼が拓く新たな鉄道写真の世界

デジタルカメラのAFシステムを知る~ミラーレス一眼・一眼レフでAFを使いこなすには・前編~

2021年1月16日(土) 鉄道カメラマン 助川康史

鉄道写真はピント合わせが命

1960年代から1970年代のSLブームの時、沿線にはカメラを構えたレイルファンが多数集まり、黒鉄(くろがね)の勇者を狙う黒山の人だかりができていた。その頃の35mmスチールカメラと言えばマニュアルフォーカス(MF)機構ばかり。皆がファインダーを覗いてピントを手動で合わせていた。

多くのファンが線路際に集まったSLブーム(イメージ)
多くのファンが線路際に集まったSLブーム(イメージ)

私もMF機から鉄道写真を始めた一人だ。当時は開放F値が暗いレンズを使っており、天気が良い日はピント合わせがしやすかったが、曇りや雨、はたまた夜間などはピント合わせが難しく、小学生で技術が無かったとはいえ、今となっては貴重な鉄道シーンでピンボケ写真を量産してしまった苦い思い出も多い。「常に正確なピント合わせができればプロ」と言われるくらい、MF機全盛の時代はピント合わせが難しかったのだ。

SLブームの頃に主流だったMFカメラ
SLブームの頃に主流だったMFカメラ

しかし今はどうだろう。ほとんどのカメラに高性能なオートフォーカス(AF)機構が当然のごとく装備されていて、MF機時代のようなピント合わせの失敗が激減している。特に、動体である走行中の鉄道車両へのピント合わせでは、AFは最大の戦力になる。

だが、それでもピント合わせがうまくいかず、悔しい思いをする人もいるのではないだろうか。それは、まだAFを使いこなしていないのが原因かもしれない。

デジタルカメラになって、多少の露出ミスはレタッチでカバーできるが、ピンボケだけは修正がほとんどできない。鉄道写真撮影はピント合わせが命だ。

ということで今回の「ミラーレス一眼が拓く新たな鉄道写真の世界」は、「ミラーレス一眼・一眼レフでAFを使いこなす」と題して、前編「デジタルカメラのAFシステムを知る」、後編「鉄道写真撮影のシーンによってAFを使い分ける」の全2回にテーマを分けてお話しよう。

AFシステムを理解し、場面によって使い分ければピンボケという初歩的な失敗はかなり減るはず。まさに「機材を知り機会を知れば百『路線』殆(あや)うからず」だ。

ミラーレス一眼カメラと一眼レフの採用AFシステムの違い

今回は、鉄道写真撮影のノウハウよりも、カメラのAFシステムを理解する内容になる。少し難しいかもしれないが、撮影現場での判断が正確になる知識になるので覚えてほしい。さて、本題のAFシステムについて入ろう。AFの測距方式は、赤外線や超音波で測距する「アクティブ方式」と、レンズを通った光を利用して測距する

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

12200系引退記念グッズ

近畿日本鉄道が、12200系の引退記念乗車券とグッズを発売。乗車券はネットでの事前申込を受付。

画像

DE10が仙台臨海鉄道へ

秋田臨海鉄道が、3月の事業廃止を前に、DE10形1250号機を仙台臨海鉄道へ譲渡。

画像

215系運用終了へ

「湘南ライナー」の廃止とともに、定期運用が消滅する2階建て車両の215系。運用消滅後の動向は?

画像

AF機能の使い分け

カメラマン助川康史さんによる連載。今回は、撮影シーンに応じたAF機能の使い分けをご紹介。

画像

185系記念入場券

「『メモリアル185』記念入場券」が、3月1日に発売。ゆかりのある各駅の入場券のほか、オリジナル方向幕が付属。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: