東武線と日比谷線を座って直通、「THライナー」に乗ってみました

2020年6月6日(土) 鉄道コムスタッフ 西中悠基

東武鉄道と東京メトロは6月6日、東武スカイツリーラインや地下鉄日比谷線などのダイヤを改正しました。

このダイヤ改正で新たに運行を始めたのが、東武スカイツリーライン・伊勢崎線と日比谷線を直通する「THライナー」。必ず座れる座席指定制の列車です。

6月6日に運行を開始した「THライナー」
6月6日に運行を開始した「THライナー」

THライナーは、伊勢崎線の久喜駅から、東武スカイツリーラインを経由して日比谷線に乗り入れる列車。午前中に上り列車の久喜駅発恵比寿駅行きが、夕夜間に下り列車の霞ヶ関駅発久喜駅行きが、それぞれ運転されます。

運転本数は、上り列車が平日・土休日ともに2本、下り列車が同5本。平日は通勤利用を、土休日は都心へのショッピングなどの需要を、それぞれ想定したダイヤとなっています。

停車駅は、東武線内が久喜、東武動物公園、春日部、せんげん台、新越谷の各駅、日比谷線内が上野駅、秋葉原駅、茅場町駅、銀座駅と、霞ヶ関~恵比寿間の各駅です。上り列車では東武線内が乗車専用、上野~銀座間が降車専用で、下り列車は日比谷線内が乗車専用、東武線内が降車専用。そのため、東武線内のみといった利用はできません。

なお、上り列車の霞ヶ関~恵比寿間はフリー乗降区間。この区間は一般列車と同じ扱いで、座席指定料金も不要です。

車両は、THライナー用に投入された70090型を使用します。基本設計は2017年にデビューした日比谷線直通用車両の70000系と同一ですが、THライナーと一般列車の両方に対応するため、車内にはロング/クロス転換座席を配置。THライナーでは進行方向を向いたクロスシートで、一般列車では車両中央を向いたロングシートで、それぞれ運転します。

THライナー用の70090型(画像提供:東武鉄道)
THライナー用の70090型(画像提供:東武鉄道)
車内はロングシートとクロスシートの双方にセットできる座席を設置。画像はクロスシート状態(画像提供:東武鉄道)
車内はロングシートとクロスシートの双方にセットできる座席を設置。画像はクロスシート状態(画像提供:東武鉄道)
こちらはロングシート状態(画像提供:東武鉄道)
こちらはロングシート状態(画像提供:東武鉄道)

乗車に必要な座席指定券の料金は、久喜~春日部の各駅から日比谷線内各駅までが大人680円、小児350円。せんげん台駅・北越谷駅~日比谷線内各駅間が大人580円、小児300円。なお、座席指定券を購入せず乗車した場合は、車内発売料金として200円(大人・小児とも同額)が加算された料金となります。

座席指定券は、東武鉄道が提供するチケットレスサービスのほか、東武線内の一部を除く各駅券売機・窓口、日比谷線内停車駅の事務室で購入が可能。春日部、東武動物公園、久喜の各駅ホーム上特急専用券売機と、日比谷線内停車駅の指定券券売機でも、直近の列車の指定券が購入できます。

東武線内の停車駅で特急も停まる3駅では、ホームで座席指定券が購入できます
東武線内の停車駅で特急も停まる3駅では、ホームで座席指定券が購入できます
次のページ
新列車に早速乗車

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

SR1系デビュー

7月4日、しなの鉄道のSR1系が、営業運転を開始。土休日は「軽井沢リゾート号」などで運転。

画像

夜行急行三峰

秩父鉄道の電気機関車と12系によるツアー列車。電気機関車を運転できるオプショナルツアーも。

画像

ありがとう リゾートみのり

運転終了が延期となっていた「リゾートみのり」。ラストラン列車が8月8日~10日に運転。

画像

N700Sのチェックポイント

東海道新幹線の新型車両「N700S」がいよいよ7月にデビュー。N700系との比較ポイントなどを紹介します。

画像

「36ぷらす3」10月デビュー

JR九州のD&S列車「36ぷらす3」が10月15日に営業運転を開始。5日かけて九州を周遊。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。