鉄道コム

日本にただ一つ、珍しい鉄道システムの数々

2020年7月4日(土) 鉄道コムスタッフ

ゴムタイヤで走る地下鉄

東京や大阪など、全国9都市を走る地下鉄ですが、札幌市の地下鉄だけは、他には見られないゴムタイヤ式を採用しています。

ゴムタイヤで走る札幌市営地下鉄
ゴムタイヤで走る札幌市営地下鉄

札幌市の地下鉄では、鉄の車輪に代えて、自動車と同じようなタイヤを装着しています。また、軌道の中央には、金属製の「案内軌条」を設置しています。一般的な鉄道のレールには、車輪と接して車両を支えることと、車両の進行方向を制御するという2つの役目がありますが、案内軌条は後者の進行方向を制御する役目を担うもの。ここへ走行用とは別のタイヤを当て、車両の進行方向を制御しています。

軌道には一般の鉄道のようなレールが無く、比較的フラット。なお、右側のレールは集電用の第三軌条です
軌道には一般の鉄道のようなレールが無く、比較的フラット。なお、右側のレールは集電用の第三軌条です
軌道中央に見える出っ張りが「案内軌条」。これで車両の向きを制御しています
軌道中央に見える出っ張りが「案内軌条」。これで車両の向きを制御しています

ゴムタイヤ式では、鉄の車輪を使う一般の鉄道に比べ、加減速性能や登坂性能に優れています。また、ロングレールが一般的ではなかった時代には、ゴムタイヤ式の方が一般鉄道よりも静粛性に優れていました。この静粛性は、札幌への地下鉄建設を推進した、当時の札幌市交通局長の大刀豊氏が、ゴムタイヤ式の導入を推したきっかけになったと言われています。

また、南北線の郊外区間では、建設費削減のためにトンネルではなく高架線が建設されましたが、札幌では冬季の除雪が問題になります。そこで札幌市交通局は、この区間にシェルターを設置し、高架区間ながらトンネル内を走るようなスタイルとしました。このシェルターは、新幹線や東海道貨物線などでも、騒音や降雪を避けるためにトンネル間をつなぐ形で設置している箇所がありますが、複数駅間にまたがるものは札幌市以外に例がありません。

同じゴムタイヤを使うシステムとしては、「自動案内軌条式旅客輸送システム」(AGT)、いわゆる「新交通システム」がありますが、札幌市のものとは別方式で互換性はありません。

また、大刀豊氏に影響を与えたパリメトロなど、海外でもゴムタイヤを用いた地下鉄はありますが、札幌市のシステムはどの路線とも異なるもの。札幌市のゴムタイヤ地下鉄は「札幌方式」とも呼ばれる、唯一無二の方式なのです。

関連鉄道リポート

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムお知らせ

画像

485系「華」の北関東ツアー

デッドセクションを2回通過、北関東メガループ日帰り。人気の鉄道ツアーが来年1月に開催

画像

抽選で豪華景品プレゼント

年に1度の鉄道コムアンケートを実施中。ご回答者の中から抽選で豪華賞品を進呈します

画像

好きな「JRの観光列車」に一票を

志国土佐時代の夜明けものがたり、くしろ湿原ノロッコ号、SLばんえつ物語、36ぷらす3…

鉄道コムおすすめ情報

画像

オホーツク 復刻ヘッドマーク

1980年代の特急「オホーツク」のヘッドマーク。2022年1月29日から、キハ183系に

画像

「流し撮り」に挑戦!

助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。今回は、綺麗に決まれば楽しい「流し撮り」をご紹介

画像

315系報道公開

2022年3月デビューの315系が報道公開されました。気になる車内外をご紹介。

画像

電気式気動車のしくみ

近年導入例が増えている、古くて新しい「電気式気動車」。そのシステムを解説します。

画像

12月の鉄道イベント一覧

2021年もあとわずか。12月の予定立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: