鉄道コム

事情さまざま、わずかな製造数で終わってしまった鉄道車両たち 東海・西日本編

2020年5月24日(日) 鉄道コムスタッフ

JR九州初の直流電車

福岡市営地下鉄と相互直通運転を行っている、JR九州の筑肥線。同線の複線区間延伸開業にあわせ、JR九州が2000年に営業運転に投入したのが、同社が初めて開発した直流電車の303系です。

筑肥線に投入された303系
筑肥線に投入された303系

JR九州の電化路線は、地下鉄と直通するために直流電化された筑肥線と、デッドセクションを挟む山陽本線以外は、すべて交流電化路線となっています。筑肥線は国鉄時代に電化されていましたが、2000年当時に使用されていたのは、国鉄が製造した103系。民営化後に新たな車両を投入する機会は無かったため、303系が同社初開発の直流電車となったのでした。また、4ドア・ロングシートの通勤型としても、民営化後初の車両となっています。

そんな初めてづくしの303系ですが、増発対応目的としての投入となったため、製造両数は6両編成3本の計18両に留まりました。同じ筑肥線で活躍していた103系の置き換えは、2015年にデビューした305系が担うこととなります。

2015年にデビューした305系。こちらは6両編成6本が製造されました
2015年にデビューした305系。こちらは6両編成6本が製造されました

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

臨時急行「津軽」運転

今年も臨時急行「津軽」が登場。秋田~青森間で7月2日・3日に運転。

画像

24年ぶりの新型車

近鉄が、24年ぶりとなる新型一般車両を導入。2024年秋に奈良線などへ投入。

画像

8両編成の理由は?

JR東海では異例となる、8両固定編成で登場した315系。その理由とは?

画像

大きく変わる浜松町駅

JR東日本などが、浜松町駅周辺の整備事業計画イメージ図を公開。2026年度には吹き抜けの広場が。

画像

夏の鉄道写真はこう撮る!

まもなく訪れる夏。鉄道写真家の助川康史さんが、夏の鉄道写真の撮り方をシーン別に解説します。

画像

5月の鉄道イベント一覧

新緑がまぶしい季節となりました。5月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: