事情さまざま、わずかな製造数で終わってしまった鉄道車両たち 東海・西日本編

2020年5月24日(日) 鉄道コムスタッフ

接客設備を改善、なのに株主に怒られた(?)車両

2001年にデビューした阪神電気鉄道の9300系。主に特急・急行列車に充当されるグループの車両で、6両編成3本の18両が製造されました。

新たなカラーリングを採用した9300系。この色が後々話題になることに……
新たなカラーリングを採用した9300系。この色が後々話題になることに……

阪神と山陽電気鉄道では、阪神淡路大震災後の需要増大やJR西日本の新快速への対抗策として、1998年に梅田(現:大阪梅田)~山陽姫路間を直通する「直通特急」の運転を開始しました。この列車に阪神はオールロングシートの8000系・9000系を投入していましたが、山陽電気鉄道ではセミクロスシートを装備した5000系・5030系を使用しており、両者の設備には格差が生まれていました。

そこで阪神は、旧型車両の置き換えにあわせ、転換クロスシートを装備した9300系を製造。直通特急に充てました。同社は後に実施した8000系のリニューアルでも一部編成にクロスシートを設置しており、両社の設備格差は次第に狭まっていきました。

ところで、9300系のカラーリングは、それまでの阪神の急行系車両、いわゆる「赤胴車」と異なり、オレンジ基調のデザインとなっています。ところが、この色が巨人軍のイメージカラーを連想させると、一部で話題となってしまいました。阪神といえば、巨人の永遠の宿敵、阪神タイガースです。このタイガースと関連のある鉄道会社が、宿敵をイメージさせる電車を走らせているとは何事か!と、株主総会でも度々やり玉に挙げられることとなってしまいました。

9300系登場前に採用されていた「赤胴車」のカラーリング。現在は武庫川線に残るのみですが、6月に置き換えられ消滅する予定です
9300系登場前に採用されていた「赤胴車」のカラーリング。現在は武庫川線に残るのみですが、6月に置き換えられ消滅する予定です

現在、9300系や8000系リニューアル車両のカラーリングは変更されていませんが、2006年から製造された1000系では黄色を基調としたデザインに。さらに、2020年に武庫川線へと導入される予定の5500系リニューアル車両は、1編成がその名もずばり「タイガース号」と、阪神タイガースをモチーフとしたデザインとなっています。

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「愛称つき列車」に一票を

はこだてライナー、アテルイ、ラビット、みすず、関空快速、ことぶき、なのはな…

鉄道コムおすすめ情報

画像

2000系さよならツアー

JR四国2000系のグリーン車、2000形に乗車できる、最後の機会。5月8日、9日、15日に開催。

画像

ロマンスカーで車庫めぐり

ロマンスカーによるミステリーツアーが、5月2日に開催。小田急線5か所の車両基地を「EXEα」で周遊。

画像

SL入区見学ツアー

秩父鉄道が、SL入区点検見学ツアーを開催。SL回送列車へ乗車し、広瀬川原車両基地へ入場。

画像

横浜市のデジタル1日券

横浜市交通局が、4月17日よりデジタル版1日乗車券を発売。非磁気タイプの1日乗車券は、5月31日で発売終了。

画像

ロマンスカーミュージアム

4月に開館予定の「ロマンスカーミュージアム」。その館内は?一足早く見学しました。

画像

4月の鉄道イベント一覧

いよいよ新年度です。4月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: