車体更新で誕生 生まれ変わった鉄道車両たち

2020年5月9日(土) 鉄道コムスタッフ

2代目よりも長生きした初代車両

京成電鉄の看板列車「スカイライナー」。初代スカイライナー用車両として製造された初代AE形は、後継車両のAE100形に置き換えられて1993年までに全編成がライナー運用から退きましたが、この車体を載せ替える形で、通勤型電車の3400形が改造により製作されました。

初代AE形の機器を流用した3400形
初代AE形の機器を流用した3400形

車体は当時製造されていた3700形と同等のスタイルですが、素材は3700形のステンレスではなく普通鋼。帯以外は無塗装の3700形と異なり塗装されているため、色味も異なっています。

一方で、足回りは基本的にAE形のものを使用。AE形では制御装置の進段時に発生する衝動を低減するため、制御装置に直列段を設けず、並列段のみで制御する方式としていましたが、3400形もこれを受け継いでいるため、直列制御と直並列制御ができない仕様です。これにより、減速時に直列制御で低速度まで回生ブレーキを作動させることができないため、回生ブレーキの打ち切り速度は時速45キロと他系列よりも高めとなっています。

AE形の置き換え用として製造されたAE100形は、2010年までは「スカイライナー」に使用されていましたが、同年7月の成田スカイアクセス線開業と2代目AE形の投入によって、京成本線経由の「シティライナー」用となり、同列車の定期運転終了によって2016年に全廃となりました。一方、3400形は未だ8両編成5本の全編成が在籍しており、初代車両が形を変えつつ2代目車両よりも長生きした形となっています。3400形は、新型車両の投入によって京急線へ乗り入れる機会は減少しつつあるものの、現在も京成本線の特急などで活躍しています。

3400形に機器を提供した初代AE形。1両が宗吾車両基地に保存されています
3400形に機器を提供した初代AE形。1両が宗吾車両基地に保存されています

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「駅弁」に一票を

鶏めし弁当、ほっきめし、鰊みがき弁当、鯵の押寿し、元気甲斐、村上牛しぐれ…

鉄道コムおすすめ情報

画像

3000系プレミアムカー

京阪3000系のプレミアムカーが、2021年1月31日に営業開始。同日に京阪線のダイヤを変更。

画像

150年前の築堤を保存へ

品川エリアで150年前の「高輪築堤」が出土。JRは保存や一般公開を検討。

画像

ロマンスカー10両を展示

「ロマンスカーミュージアム」の展示詳細が発表に。LSEの実物運転台によるシミュレーターも。

画像

年に1度のアンケート

鉄道コムアンケート実施中。みなさんの声をお寄せください。1万円分のAmazonギフト券を抽選で進呈します。

画像

北鉄8903+8913号運転終了

12月18日、北陸鉄道の8000系8903+8913号車が営業運転を終了。19日は撮影会を開催。

画像

12月の鉄道イベント一覧

波乱の2020年もあとわずか。12月の鉄道旅行や撮影の計画には、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。