さよなら東海道新幹線700系

ありがとう700系 デビュー時は賛否が分かれたそのスタイル

2020年3月12日(木) フォトライター 栗原景

2月29日と3月1日の2日間、東京〜新大阪間で運行されたありがとう700系ツアー専用団体列車をもって、1999年から21年にわたって東海道新幹線で活躍してきた16両編成の700系は、東海道新幹線での営業運転を終了しました。

当初は、3月8日に最終運転とさよならセレモニーを行う予定でしたが、多くの方がご存知の通り、新型コロナウイルス対策の影響により中止となりました。

3月11日からは、ツアーに使用された編成が浜松工場へ解体のために回送されており、これで700系は東海道新幹線から完全に引退しました。

筆者(フォトライター・栗原景)は、旅と鉄道を主なテーマに執筆活動を行いながら、東海道新幹線の車窓風景の観察を続けてきました。そんな筆者の立場から、700系をもう一度ふり返ってみたいと思います。

3月1日のツアー専用団体列車をもって引退した、JR東海の700系(撮影:鉄道コム編集部)
3月1日のツアー専用団体列車をもって引退した、JR東海の700系(撮影:鉄道コム編集部)

乗り心地向上のための新技術が投入された700系

700系ほど、登場当時の評価が分かれた車両はありません。普段から新幹線を利用するビジネスマンなどからは、大変好評を持って迎えられた一方、レールファンなど趣味的な視点を持つ人からは、かなりネガティブな評価を受けてしまったのです。

300系から大幅に改良された700系。ビジネスマンには好評だったが、趣味者からの評価は良いとは言えなかった(撮影:鉄道コム編集部)
300系から大幅に改良された700系。ビジネスマンには好評だったが、趣味者からの評価は良いとは言えなかった(撮影:鉄道コム編集部)

700系は、1999年3月に営業運転を開始しました。JR東海とJR西日本が初めて共同開発した車両で、最初に投入されたのはJR東海所属のC編成。一般の乗客に好評だった理由は、なんといってもその乗り心地でした。

初代「のぞみ」型車両だった300系は、徹底した軽量化と低重心化によって時速270kmを達成しましたが、乗り心地を良くする新技術は、それほど投入されていませんでした。先頭部が切り裂いた空気は乱気流となって軽量の車体を大きく揺らし、乗り心地を損ねたのです。

700系は、前方からぶつかった空気をやや平たいノーズが受け止め、車体の上部と左右へ無理なく流す形状をしています。「カモノハシノーズ」の愛称で知られたこの先頭部はエアロストリーム形状といい、特に16両編成の最後尾付近の揺れを劇的に低減しました。

また、揺れが大きくなりがちな先頭車とパンタグラフ搭載車、それにグリーン車には、左右の揺れを打ち消す装置(ダンパ)の動きが実際の揺れに合わせて変わるセミアクティブ制振制御システムを初搭載。車両同士が押し合う揺れを抑える車体間ダンパや、省エネルギーかつ低騒音のIGBT素子VVVFインバータなど、快適性を向上する数々の技術が投入されました。

レールファンの興味は500系に

一方、レールファンをはじめとする趣味的な立場の人からは、正直に言って700系は評判がよくありませんでした。今では「カモノハシノーズ」と親しまれているスタイルが、当時は「格好悪い」と捉えられたのです。また、座席配置が先代の300系と全く同じで、先頭部以外、先代の300系とほとんど変わらない点も、「面白みに欠ける」と評されました。

同じ700系でも、製造時期によって細かい差異があった。右のC11編成と左のC19編成とでは、先端部の連結器カバーの形状が異なる(2011年7月)
同じ700系でも、製造時期によって細かい差異があった。右のC11編成と左のC19編成とでは、先端部の連結器カバーの形状が異なる(2011年7月)

当時は、JR西日本独自開発の500系が東海道新幹線に乗り入れるようになって1年半という時期で、そのシャープなスタイルと300km/hというスピード、そして「客室の広さを犠牲にしてでも300km/hを実現する」という山陽新幹線での意気込みに人気が集中していました。そんな中、どちらかというと愛嬌のあるスタイルで、中身は300系と同じ(ように見える)700系は、趣味的な視点では地味に見えました。

大阪の鳥飼車両基地は、東海道・山陽新幹線のさまざまな車両が見られた(2013年撮影、PhotoLibraly)
大阪の鳥飼車両基地は、東海道・山陽新幹線のさまざまな車両が見られた(2013年撮影、PhotoLibraly)

700系のスタイルに対する評価は、当時のメディアからも伝わってきます。700系をはじめ、数多くの新幹線車両のデザインに関わってきたインダストリアルデザイナーの福田哲夫氏は、雑誌のインタビューで先頭部デザインについて「多くの人は、かなり違和感を抱くようだ」と尋ねられ、次のように答えています。

「確かに、なかなか理解してもらえないことはあります。(中略)でも、あの形には確かな理由があるんです。音を消し、揺動を止めるという役割です。あれは翼なのです」(NIKKEI MECHANICAL 1999年5月号「挑戦の軌跡”カモノハシ”を生んだ職人デザイナー」)

東京〜博多間4時間57分でデビュー

1997年3月13日に運行を開始した700系は、当初東京〜博多間の「のぞみ」3往復に投入されました。東京〜博多間の所要時間は、4時間57分。山陽新幹線区間での最高時速が285km/hであるため、同300km/hだった500系の4時間49分よりも8分余計にかかりました。筆者も、この年の秋に初めて700系に乗車しましたが、多くのレールファンと同様、ちょっと地味な印象を持ったのを覚えています。

ただ、車内は300系の間接照明から直接照明になり、座席もグレー系からブルーに変わって、普通車の車内が明るくなったのが印象的でした。乗り心地も確かに良くなっていて、特に熱海や浜松などの曲線が多い区間で、揺れが少なくなっていることを実感したものです。趣味的な面白みには欠けるものの、着実にグレードアップした東海道新幹線の新しいスタンダード。それが、700系の印象でした。

ブルー系のシートモケットと、シンプルな直接照明で明るい雰囲気になったC編成の普通車。空調の吹き出し口も、天井付近に設けられていた300系は空調の効きが悪いと言われたことから各座席の上に設置された
ブルー系のシートモケットと、シンプルな直接照明で明るい雰囲気になったC編成の普通車。空調の吹き出し口も、天井付近に設けられていた300系は空調の効きが悪いと言われたことから各座席の上に設置された

700系はその後順調に増備され、2001(平成13)年からはJR西日本所属のB編成も投入されました。東京〜博多間の「のぞみ」は新横浜・新神戸に停車することになり、所要時間は最速5時間4分に。さらに2003(平成15)年には品川駅が開業し、5時間7分となりました。そして、2007(平成19)年7月に現在主流のN700系が登場し、700系はフラッグシップの座を降りることになります。

横長の客室窓を備えた最後の車両

最初は”格好いい”500系に心を奪われていた筆者が700系に注目するようになったのは、300系が引退した2012(平成24)年頃からです。

新幹線の車両は、軽量化と強度確保のため、世代を重ねるたびに客室窓が小さくなっていきました。700系普通車の窓は、300系に比べると小さくなったものの、航空機のように縦長のN700系よりはずっと大きく、車窓風景をゆったりと楽しむことができたのです。この頃になると、700系のスタイルに違和感を抱く人は少なくなり、女性などから「かわいい」という声も聞かれるようになりました。

(左)座席横全体が窓に覆われていると言ってもよかった、300系の普通車。(中)横長で比較的大きい700系普通車の窓。富士山もよく見えた。(右)軽量化と強度確保のために縦長の小さな窓になってしまったN700系の普通車
(左)座席横全体が窓に覆われていると言ってもよかった、300系の普通車。(中)横長で比較的大きい700系普通車の窓。富士山もよく見えた。(右)軽量化と強度確保のために縦長の小さな窓になってしまったN700系の普通車

ところが、時代はすでにN700系全盛。一部編成の、それも車端部の座席にしかコンセントを装備していない700系は、PCやスマートフォンを愛用する人々から避けられるようになってしまいます。やがて、「のぞみ」「ひかり」はN700系に統一され、700系は臨時「のぞみ」と「こだま」に活躍の場を移していきました。

700系「こだま」は、比較的空いている車内でのんびり車窓風景を楽しめ、「のぞみ」通過待ちを行う停車駅ではホームの売店で駅弁も購入できる、昔ながらの「汽車の旅」を楽しめる列車でした。筆者は2008年頃から、東海道新幹線の車窓風景を観察するようになりましたが、大阪に行くときは少しでも余裕があれば「こだま」を、それも700系を選んで乗るようになりました。

お得なきっぷを使って、昔ながらの各駅停車の旅を楽しめた700系「こだま」。写真はJR東海全線と16の私鉄・第三セクターに2日間乗り放題となる「JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ」。特急券を購入すれば「ひかり」「こだま」にも乗車できる。4月からは料金が変わる
お得なきっぷを使って、昔ながらの各駅停車の旅を楽しめた700系「こだま」。写真はJR東海全線と16の私鉄・第三セクターに2日間乗り放題となる「JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ」。特急券を購入すれば「ひかり」「こだま」にも乗車できる。4月からは料金が変わる

悩ましかったのは、乗降扉の窓です。車窓風景をカメラで撮影するときは、他の乗客の迷惑にならないよう、デッキで撮影することにしているのですが、700系は大半の車両が乗降扉の窓が低い位置にあり、中腰にならないと写真が撮れなかったのです。2001年夏以降に製造されたJR東海のC編成は、窓位置が高くなり、普通に立った状態で車窓風景を撮影できるようになりました。仕様が変更された理由はわかりませんが、駅で見送られる時に、お互いの顔が見づらいといった声があったのかもしれません。

2001年前半までに製造された車両は、乗降扉の窓が低い。写真は2000年10月落成のC19編成
2001年前半までに製造された車両は、乗降扉の窓が低い。写真は2000年10月落成のC19編成
JR東海車のうち後期に製造された車両は、乗降扉の窓が高い位置に変更され、曲面ガラスとなった。N700系もこの高さを踏襲している。写真は2002年落成のC39編成
JR東海車のうち後期に製造された車両は、乗降扉の窓が高い位置に変更され、曲面ガラスとなった。N700系もこの高さを踏襲している。写真は2002年落成のC39編成

現在の東海道新幹線のスタンダードを作った車両

登場から21年にわたり活躍してきた700系は、東海道新幹線からは引退しました。3月8日のラストランは中止されましたが、2月29日、3月1日のツアーはほぼ満席の大盛況。デビュー以来「カモノハシノーズ」という言葉を使ってこなかったJR東海も、引退に際して「カモノハシの愛称で親しまれた」と紹介するなど、700系独特の「カモノハシノーズ」に違和感を抱く人は、どこにもいませんでした。

2月29日の「ありがとう700系ツアー」にはレールファンや一般の方など多くの人が参加し別れを惜しんだ
2月29日の「ありがとう700系ツアー」にはレールファンや一般の方など多くの人が参加し別れを惜しんだ

700系の「先頭にぶつかった空気を無理なく編成後方に誘導する」というデザインや、アクティブ制振制御システムといったコンセプトは、今もN700Aや7月に登場するN700Sに受け継がれています。抜群の乗り心地を誇った台車は、先代である300系にも後から搭載されるなど、21世紀の東海道新幹線のスタンダードを作ったと言えるでしょう。

東海道新幹線は車窓風景がバラエティに富むだけに、窓の広い車両が引退してしまうのは少し残念ですが、まずは21年間、お疲れさまでした。なお、700系をベースに開発されたドクターイエロー923系と、山陽新幹線用の700系E編成は、春以降も引き続き活躍します。

関連鉄道リポート

関連鉄道未来ニュース

アンケート

このリポート記事について、よろしければ、あなたの評価を5段階でお聞かせください。

鉄道コムおすすめ情報

画像

SR1系デビュー

7月4日、しなの鉄道のSR1系が、営業運転を開始。土休日は「軽井沢リゾート号」などで運転。

画像

夜行急行三峰

秩父鉄道の電気機関車と12系によるツアー列車。電気機関車を運転できるオプショナルツアーも。

画像

ありがとう リゾートみのり

運転終了が延期となっていた「リゾートみのり」。ラストラン列車が8月8日~10日に運転。

画像

N700Sのチェックポイント

東海道新幹線の新型車両「N700S」がいよいよ7月にデビュー。N700系との比較ポイントなどを紹介します。

画像

「36ぷらす3」10月デビュー

JR九州のD&S列車「36ぷらす3」が10月15日に営業運転を開始。5日かけて九州を周遊。

画像

7月の鉄道イベント一覧

夏の鉄道旅行や撮影の計画に、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。