鉄道コム

国鉄の新聞・放送ニュース

すべて外部サイト

国鉄の記事(新着順) / 1~25件を表示しています

全79件

  • 記事の画像

    JR東日本は21日、国鉄時代の色を配した7両編成の「E653系」を9月11、12の2日間、上野―青森...

  • 記事の画像

    中国の時速600キロリニア、青島で公開

    • 新華社通信
    • 20日(火)22時36分

    【新華社青島7月20日】中国鉄道車両大手の中国中車(CRRC)は20日、山東省青島市で世界初の設計時...

  • 記事の画像

    無蓋車5両、日本一 旧太子駅に集め観光PR 中之条町

    • 上毛新聞ニュース
    • 2021年7月14日(水)

    群馬県中之条町が産業遺産観光の拠点としている旧国鉄太子(おおし)駅(同町太子)に、かつて鉱石などの運...

  • 記事の画像

    パターンダイヤ、60年前も 旧国鉄の徳島・牟岐線

    • 朝日新聞(徳島)
    • 2021年7月10日(土)

     列車を毎時決まった間隔で運転する「パターンダイヤ」。JR四国の各線で導入が進んでいるが、約60年前の1960年当時の国鉄が徳島線と牟岐線に、パターンダイヤそっくりの「国電型ダイヤ」を、すでに導入して…

  • 記事の画像

    キハ66・67形、46年間ありがとう ファンら見送る

    • 朝日新聞(長崎)
    • 2021年7月2日(金)

     旧国鉄時代から46年にわたり、長崎や福岡など北部九州を駆け抜けてきたJR九州のディーゼル車「キハ66・67形」が6月30日、営業運転を終えた。昭和の風情を残した車両の最後の姿を見ようと、大勢のファン…

  • 記事の画像

    渋川駅まもなく100歳に 渋川市役所で記念展スタート

    • 朝日新聞(群馬)
    • 2021年6月24日(木)

     【群馬】JR渋川駅が7月1日で開業100周年になるのを記念して、渋川市役所市民ホールで23日、「人々と共に歩んだ100年の記憶」と題した記念展が始まった。旧国鉄時代からの資料や市民からの思い出の写真…

  • 記事の画像

    国鉄カラー見納め 大村線キハ66・67形、6月末引退

    • 朝日新聞(長崎)
    • 2021年5月29日(土)

     JR九州長崎支社は28日、大村線などを走るディーゼル車「キハ66・67形」が6月30日で引退すると発表した。旧国鉄時代に多く見られたオレンジとクリーム色の車両は、鉄道ファンの間でも根強い人気があった…

  • 記事の画像

    「急行まりも号事件」しのぶ NPO法人が現場を清掃

    • 朝日新聞(社会)
    • 2021年5月19日(水)

     戦後復興期の1951(昭和26)年、北海道新得町の国鉄根室線(当時)で、急行列車が人為的に脱線させられた「急行まりも号事件」。それから70年を迎えた5月17日、新得町のNPO法人「旧狩勝線を楽しむ会…

  • 記事の画像

    紫雲丸沈没事故から66年 児童ら生存者の話を聞く

    • 朝日新聞(島根)
    • 2021年5月12日(水)

     【島根】旧国鉄連絡船「紫雲丸」が瀬戸内海で沈没した事故から今年で66年。修学旅行の児童ら25人が亡くなった松江市西川津町の市立川津小学校で10日、事故の生存者の話を聞く会があり、5、6年の児童ら約2…

  • 記事の画像

    紫雲丸沈没事故から66年 高知・南海中学で追悼式

    • 朝日新聞(高知)
    • 2021年5月12日(水)

     高松市沖の瀬戸内海で1955年5月11日、旧国鉄の連絡船「紫雲丸」が貨物船と衝突して沈没した事故から66年となった11日、修学旅行中の生徒28人が犠牲となった高知市立南海中学校で追悼式があった。 式…

  • 記事の画像

    ローカル線、30年で大幅減 大都市圏との格差鮮明

    • 朝日新聞(社会)
    • 2021年5月11日(火)

     全国のJRの在来各線(一部路線を除く)の利用状況を調べるため、輸送密度(1日1キロあたりの平均利用者数)をもとに、国鉄分割民営化でJRが誕生した時点と2019年度を比較したところ、3分の2に当たる路…

  • 記事の画像

    美深の観光トロッコ運行開始 廃線跡を利用

    • 朝日新聞(社会)
    • 2021年4月29日(祝)

     廃線跡を利用した北海道美深町の観光用トロッコが29日、今年の運行を始めた。1985(昭和60)年に廃線となった旧国鉄・美幸線のレールを使って走り、地元NPO「トロッコ王国美深」が運営している。ガソリ…

  • 記事の画像

    貨物運んで親しまれ…秋田臨海鉄道、半世紀の歴史に幕

    • 朝日新聞(秋田)
    • 2021年4月1日(木)

     秋田県の第三セクター秋田臨海鉄道(秋田市、志水仁社長)が31日、約半世紀にわたる鉄道事業を終えた。 1970年に県、国鉄(当時)、関係企業によって設立、JR貨物と連携して秋田港周辺の事業所の貨物を運…

  • 記事の画像

    列車事故、記事で知る 83年前の新聞を橋本市図書館に

    • 朝日新聞(和歌山)
    • 2021年3月13日(土)

     【和歌山】子どもたちが巻き込まれた83年前の列車事故を報じた当時の新聞が、橋本市図書館に寄贈された。 新聞は、1938年6月15日に岡山県の国鉄山陽線で発生した事故を伝える大阪朝日新聞4部と大阪毎日…

  • 記事の画像

    「ありがとうDD51」 機関車引退、国鉄時代から活躍

    • 朝日新聞(社会)
    • 2021年3月12日(金)

     国鉄時代から主に地方路線で活躍してきたディーゼル機関車「DD51形」。最後まで定期運用していたJR貨物が3月のダイヤ改定での引退を決め、12日、最後の運行をした。 DD51は、JR貨物の愛知機関区(…

  • 記事の画像

    「駆動音。私の青春」 秋田駅、キハ40系へ贈る言葉

    • 朝日新聞(秋田)
    • 2021年3月12日(金)

     【秋田】JR男鹿線や五能線など秋田、青森両県の在来線を走るディーゼル気動車キハ40系が13日のダイヤ改定に伴い、12日で定期列車としての運行を終える。旧国鉄時代から人々の通学、通勤などの足として親し…

  • 記事の画像

    105系「パンダ」が引退へ コロナ禍、静かにさよなら

    • 朝日新聞(和歌山)
    • 2021年3月11日(木)

     JR紀勢線の紀伊田辺―新宮間で普通電車として使われている車両「105系」が13日のダイヤ改定で引退し、和歌山県内から旧国鉄電車が姿を消す。 105系は1981(昭和56)年に登場したローカル線向けの…

  • 記事の画像

    JR西、無事故表彰を見直し 脱線事故が契機、意義低下

    • 朝日新聞(災害・交通情報)
    • 2021年3月2日(火)

     JR西日本が、旧国鉄時代から続く運転士らを対象にした「運転無事故表彰」を、3月で廃止することがわかった。4月からは対象の職場を大きく広げ、急病人への適切な対応や車両不具合の早期発見など、乗客の安全・…

  • JR支援延長へ、改正案閣議決定

    • 朝日新聞(北海道)
    • 2021年2月1日(月)

     政府は29日、JR北海道、四国、貨物への財政支援の根拠となる「国鉄清算事業団債務等処理法」の改正案を閣議決定した。法令が定める支援期間が今年度で切れるため、2030年度まで10年間延長する。 開会中…

  • 記事の画像

    国鉄車両が9割超を占める岡山 その理由と気になる今後

    • 朝日新聞(社会)
    • 2021年1月14日(木)

     岡山県のJR在来線では、旧国鉄の車両がなお現役で走り、鉄道ファンから「国鉄岡山」と呼ばれている――。 県南西部の総社市。総社駅前に昨年できた、旧国鉄ゆかりの模型や写真を集めたギャラリー「総社クロスポ…

  • 記事の画像

    「凸型」DD51、来年3月に引退へ 北斗星や出雲にも

    • 朝日新聞(社会)
    • 2020年12月18日(金)

     国鉄時代から、主に電化されていない地方の路線で、客車や貨物を牽引(けんいん)する主力として活躍したディーゼル機関車「DD51形」が、定期運用から外れる見通しとなった。JR貨物が18日発表した来年3月…

  • 記事の画像

    6日に開通90年の感謝祭 若桜鉄道

    • 朝日新聞(鳥取)
    • 2020年12月3日(木)

     鳥取県東部の若桜鉄道が旧国鉄若桜線として全線開通してから90年を迎えたことを記念し、若桜鉄道を支える若桜、八頭の両町と同鉄道が6日、感謝祭を開く。運賃を無料にし、SLが引くトロッコの無料乗車体験もす…

  • 記事の画像

    武庫川渓谷沿いの旧国鉄廃線跡 晩秋の景色に高まる人気

    • 朝日新聞(兵庫)
    • 2020年12月1日(火)

     武庫川渓谷沿いにトンネルや鉄橋が残る旧国鉄福知山線の廃線跡(兵庫県西宮、宝塚両市)のハイキングコースに、晩秋の景色を求めて多くの人が詰めかけている。宝塚市観光企画課によると、今年は新型コロナ禍の影響…

  • 記事の画像

    幻の橋、雪景色と競演

    • 朝日新聞(北海道)
    • 2020年11月18日(水)

    ■上士幌・タウシュベツ川橋梁 ダム湖の水位変化で見え隠れするため「幻の橋」と呼ばれる北海道上士幌町の旧国鉄士幌線「タウシュベツ川橋梁(きょうりょう)」。例年11月ごろは湖水に沈む時期だが、今年は水位上…

  • 記事の画像

    総社駅前を国鉄グッズの聖地に 安達勝利さん(58)

    • 朝日新聞(岡山)
    • 2020年11月14日(土)

     JR総社駅前の古びた3階建てビル。階段にはレトロな駅名看板、2階のギャラリーには鉄道模型や記念切符など旧国鉄グッズがずらり。国鉄時代の車両がなお現役で走ることで知られるという岡山。7月にオープンした…

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの電車車両」に一票を

789系、E235系、E655系、211系、クモヤ145形、EV-E801系、E001形、E5系、E926形…

鉄道コムおすすめ情報

画像

鉄道写真なんでもゼミナール

鉄道カメラマン助川康史さんの新連載がスタート。カメラマンへの質問も募集中!

画像

大阪の4つの貨物線

「北方貨物線」や「梅田貨物線」など、大阪周辺の4つの貨物線。その沿線を歩きました。

画像

「East i」見学ツアー

白石蔵王駅で、新幹線検測車「East i」の車内外を見学できるツアーが、9月11日に開催。

画像

「スーパーはつかり」が復活

9月4日、団体臨時列車として「スーパーはつかり」復活。18日には八戸発「つがる」リバイバルも。

画像

1800系塗装リバイバル

「りょうもう」用200型2編成が、1800系塗装に。8月7日から順次運転を開始。

画像

7月の鉄道イベント一覧

いよいよ夏到来。7月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。