鉄道コム

近鉄 新型観光列車「つどい」10月デビュー

2013年5月27日(月)18時56分

「つどい」(外観イメージ)
「つどい」(外観イメージ)

近畿日本鉄道は27日、新しい観光列車「つどい」を2013年10月に導入すると発表した。

新型車両は、今年10月に行われる「伊勢神宮式年遷宮」の「遷御の儀」にあわせ、伊勢志摩地域の周遊客向けに導入する。一般形電車2000系を約6000万円かけて改造した3両1編成で、風が吹き抜けるようにした細長い窓(スリット)と大型ガラスが特徴の「風のあそびば」、運転台の操作体験や制服撮影ができる「こども運転台」、バーカウンターやテーブルを設けた「イベントスペース」を設置する。80ある座席はテーブルつきで、窓向きに配置。車窓を楽しみながら、飲食ができる。車内では、伊勢えびやアコヤ貝などの志摩の食材を使った「一品のふるまい」や、志摩の特産品の販売を行う。

「つどい」の名前は、「にぎやかで楽しいひとときを過ごせる列車」をイメージして命名した。乗車には、通常の運賃とは別に、観光列車料金として大人300円、小児150円が必要。10月5日(土)から運行し、来年3月30日(日)までの土休日を中心に、伊勢市~賢島間を1日2往復する。

2013年5月27日(月)18時56分更新

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全24件

鉄道コムおすすめ情報

画像

ロマンスカー料金改定

小田急ロマンスカーが10月1日に料金改定。あわせてチケットレス料金の導入も。

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 東横線デジタルATC導入[2022年]
  • 川崎重工PA-5増備車両トランスハドソン公社向け納入完了[2022年]
  • 台湾向け新型電気機関車納入開始[2022年]
  • リクライニングシート搭載京王5000系導入[2022年下期]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: