鉄道コム

信楽高原鐵道、4月から「上下分離」経営に

2013年3月5日(火)21時10分

信楽高原鐵道は昨年25周年を迎えた
信楽高原鐵道は昨年25周年を迎えた

信楽高原鐵道は4月1日に、地元の滋賀県甲賀市から無償で線路を借りて列車を運転する、公有民営の「上下分離」方式の経営に移行する。

新年度からは、鉄道施設や車両などは甲賀市が所有し、列車の運行を信楽高原鐵道が担う。インフラ面の負担をなくし、信楽高原鐵道の経営改善を進めるのがねらいで、甲賀市は新たに第3種鉄道事業者に、信楽高原鐵道は現在の第1種から第2種鉄道事業者に変更となる。運賃の変更はしない。

今回の公有民営化は、2月19日に同社と滋賀県、甲賀市が、地域公共交通活性化法に基づく「鉄道事業再構築実施計画」を国土交通省に申請。今月4日に認定されたもの。期間は2013年4月1日から10年間。甲賀市は滋賀県の支援を受けて鉄道用地や施設を取得・保有し、国からの補助で設備投資も行う。鉄道事業再構築実施計画での公有民営化は、鳥取県の若桜鉄道に続き全国で2例目となる。

信楽高原鐵道信楽線は、滋賀県甲賀市の貴生川~信楽間14.7キロを結ぶ非電化単線。国鉄信楽線として1933年に開業した。モータリゼーションなどの影響で慢性的な赤字を抱え、1981年には国鉄再建法に基づく特定地方交通線に指定。沿線自治体などは同線の廃止を避けるため、第3セクター方式での経営継承を決定し、1987年7月に信楽高原鐵道として再出発した。その後、1991年5月に発生した列車衝突事故や沿線人口の減少などにより、厳しい経営が続いていた。2011年度の年間輸送人員は約49万人、経常損益はマイナス約9000万円だった。

2013年3月5日(火)21時10分更新

該当するブログ記事はありません

鉄道旅行誌「旅と鉄道」×鉄道コム

画像

好きな「JRの観光列車」に一票を

SLばんえつ物語、志国土佐時代の夜明けものがたり、くしろ湿原ノロッコ号、36ぷらす3…

鉄道コムおすすめ情報

画像

近鉄「あをによし」料金発表

大阪難波~近鉄奈良~京都間で運転予定の観光特急。難波~京都間は大人1960円に。

画像

電気式気動車のしくみ

近年導入例が増えている、古くて新しい「電気式気動車」。そのシステムを解説します。

画像

「ふたつ星」外観デザイン

JR九州が「ふたつ星4047」外観などのデザインを発表。その改造種車の正体は……?

画像

「SL銀河」運転終了へ

JR東日本が、キハ141系老朽化のため、2023年春での「SL銀河」運転終了を発表。

画像

標準レンズで「編成写真」

助川康文さんの「鉄道写真なんでもゼミ」。標準レンズを使った編成写真撮影のコツとは

画像

12月の鉄道イベント一覧

2021年もあとわずか。12月の予定立てには、鉄道コムのイベント情報をご活用ください。

鉄道未来インデックス

  • 本宮駅橋上駅舎供用開始[2021年12月18日(土)]
  • 伊予灘ものがたりキロ47形ラストラン [2021年12月]
  • 小田急電鉄小児IC運賃一律50円化[2022年春]
  • とれいゆ つばさ運転終了[2022年3月]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: