近鉄観光特急「しまかぜ」来年3月デビュー

製造中の新型観光特急「しまかぜ」
製造中の新型観光特急「しまかぜ」

近畿日本鉄道は9月28日、新たに投入する観光特急の名称を「しまかぜ」とし、2013年3月21日から運転すると発表した。

「しまかぜ」の名前は、三重県の「志摩」に吹く風の爽やかさをイメージして命名した。車両は、乗客が乗車自体を楽しめるよう、座席や客室にゆとりを持たせ、専属の車内アテンダントが「松阪牛カレー」「神都ビール」「伊勢茶アイスクリーム」などの沿線の名産品も提供する。和・洋の個室、グループ向けサロン席、カフェ車両も設置する。

「しまかぜ」の乗車には、通常の運賃や特急料金とは別に、距離に応じて700円~1000円の特別車両料金が必要。来年3月21日以降、大阪難波~賢島間、近鉄名古屋~賢島間をそれぞれ1日1往復し、水曜日を除いて毎日運行する予定。

投票・みんなの意見

近鉄の新型観光特急「しまかぜ」、あなたの「乗りたい度」は?

あなたの「乗りたい度」を1つ選んでください。

投票結果(計3項目/346票)

各項目の下部には、最新の支持コメントを表示しています。
各項目の は未投票の項目、 は投票済みの項目であることを示します。

ぜひ乗ってみたい

 297票

  • 東京までこんかなあ、無理か(todotakeさん)
  • 斬新な近鉄(斬新な京急さん)

続き

乗ってみたい

 18票

  • グランクラス並みのシートがいい。(青い森鉄道ファンさん)
  • デザインが近鉄らしくないのが少し残念です。伊勢志摩ライナーとラピートが合わさったような・・・(223-2500さん)

続き

ついでがあれば

 31票

  • なんか東のE655を定期列車にしたような感じだな(アクセス特急京急久里浜さん)
  • 1日1往復だから•••(しこうとぃさん)

続き

関連する過去の鉄道コムニュース

  • 近鉄の新型観光特急。大阪・名古屋~伊勢志摩間を運行予定。

    近鉄 2013年春に新型観光特急

    • 2011年7月4日(月)

    近畿日本鉄道は1日、新しい観光特急を2013年春に導入すると発表した。全車3列シートで、カフェテリア、個室も設ける。

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全3236件

近鉄 しまかぜ で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全2238件

このニュースに関するツイート(新着順)

全834件



鉄道コムおすすめ情報

画像

好きな私鉄・三セク鉄道は?

名古屋鉄道、富山ライトレール、小田急電鉄、三陸鉄道、南海電気鉄道、神戸電鉄…

鉄道未来インデックス

一部を表示

  • 大井川鐵道14系客車導入(2017年6月)
  • 東武鬼怒川線SL列車デビュー(2017年夏)
  • 千葉駅駅ビルなど開業(2017年度)
  • 埼京線「ATACS」導入(2017年秋)
  • 東武アーバンパークライン清水公園~梅郷間高架化(2017年度)
  • 山手線全駅ホームドア設置完了(2017年度)
  • スルッとKANSAI利用終了(2018年1月末)

ニュース検索