鉄道コム

旧万世橋駅の遺構、整備し公開へ

2012年7月4日(水)18時35分

高架下開発整備イメージ
高架下開発整備イメージ

JR東日本は3日、中央線の旧万世橋駅の遺構を整備し、公開すると発表した。また、赤レンガ高架橋の下を商業施設にすることも発表した。

旧万世橋駅は、100年前の1912年、中央線の起点として開業。中央線が1919年に東京駅まで延伸されるとその役割は縮小し、1943年に休止に。東京~御茶ノ水間の赤レンガ高架橋は、万世橋駅開業と東京駅延伸の際に建造されたもので、当時の鉄道土木技術の高さを今に伝えている。

同社はこのたび、高架橋とともに遺構として残ってきたホームと2か所の階段を整備して公開することにした。鉄道の歴史的遺産を感じられるよう、旧駅舎の階段を通じて線路階のホームまで出られるようにし、ホーム部では展望カフェと屋外デッキを設置する。今月中に着工し、来年夏に開業する予定。整備運営は、鉄道博物館などを運営する東日本鉄道文化財団が行う。

赤レンガ高架橋の下については、地上1階の商業施設として、来年春以降に開業する予定。赤レンガアーチは外観に活かす。

交通博物館の跡地に建設中のJR神田万世橋ビルの周りには、「憩いの広場」や「記憶の広場」を設置し、旧万世橋駅の駅舎基礎の保存展示やターミナルをイメージしたレンガベンチ、レールを使ったモニュメントなどを配置することにしている。

2012年7月4日(水)18時35分更新

このニュースに関するツイート(新着順)

全54件

このニュースに関連するブログ記事(新しく書かれた順)

全622件

中央線 快速で動画を探した結果(新しく投稿された順)

全444件

鉄道コムお知らせ

画像

好きな新幹線の駅に一票を

JR東海・JR西日本・JR九州の新幹線の停車駅のなかから、好きな駅に投票してください

鉄道コムおすすめ情報

画像

電気連結器の意味は?

東武鉄道の新型特急「スペーシア X」。デザインや運用など、気になることを質問しました。

画像

JR四国が「スマえき」導入

チケットアプリ「しこくスマートえきちゃん」を提供するとJR四国が発表した…

画像

213系「マリンライナー」

「おか鉄フェス2022」の一環で、213系による「マリンライナー」が復活。9月25日に1往復運転。

画像

「所属表記」が変わる?

JRの車両に書かれている「所属表記」。10月以降、一部の表記が変わるかもしれません。

画像

「鉄道イメージ写真」を撮ろう

鉄道を美しく表現するイメージ写真。鉄道写真家の助川康史さんが、鉄道イメージ写真の撮り方を解説します。

画像

8月の鉄道イベント一覧

夏休みシーズンはイベントも多数開催。8月のプラン立てには、鉄道コムのイベント情報をどうぞ。

鉄道未来インデックス

  • 東横線デジタルATC導入[2022年]
  • 川崎重工PA-5増備車両トランスハドソン公社向け納入完了[2022年]
  • 台湾向け新型電気機関車納入開始[2022年]
  • リクライニングシート搭載京王5000系導入[2022年下期]

チェックイン

鉄道コムで過去にニックネームを登録したことがある場合は、そのニックネームでチェックインしてください(パスワードを設定している場合に限ります)。ヘルプ

  • ニックネーム:
  • パスワード: